Kanye Westが『デッドプール』の次作に曲を提供したいと語る

自身が関連する6作品の連続リリースを行っているKanye Westだが、その創作意欲は尽きないようだ。

KanyeはTwitterで「映画『デッドプール』の両作品が大好きだよ。サントラの曲のいくつかがおれの曲に似ていたよ。おれはこの作品のためなら使用許可を出したよ」と、自分の楽曲を映画『デッドプール』のサントラに使用してほしかったと語っている。

さらにKanyeの『デッドプール』への絶賛は終わらずに、次のツイートでも「君たちの脚本とアプローチの仕方は革新的だよ。おれは君たちの第4の壁の壊し方が好きだ。革新的でいてくれてありがとう、次の時には使用許可を出すのを知っていてほしい」と次の機会に楽曲を使用してほしいと再度リクエスト。

これに対し、同シリーズに主演しているライアン・レイノルズも「賛成だ、セリーヌ・ディオンに相談しておく」と述べており、実現の可能性もたかそうだ。

RELATED

tofubeatsが本日リリースの"RIVER"のティザームービーを公開 | 映画『寝ても覚めても』のシーンを使用

tofubeatsが10月にリリースするニューアルバム『RUN』から、濱口竜介監督の映画『寝ても覚めても』の主題歌となっている"RIVER"を本日先行リリースした。

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

Kanye Westが『Jimmyb Kimmel Live!』でのトランプ大統領を巡る質問に答えなかったことについて苦しい釈明

先日、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West。彼の登場は世界的に注目を集めたが、その中でもホストのJimmy Kimmelによる「あなたは”ブッシュ大統領は黒人のことを一つも考えていない”と発言したことで有名ですが、トランプ大統領が彼らに対してやっていることについてどう思いますか?」という質問と、それに対してKanyeが沈黙したことが大きな話題を呼んだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。