DiploがZeddに対し「24時間以内にTwitterアカウントを消さないとPusha Tのようにディスする」と宣戦布告

ヒップホップシーンでは年がら年中様々なビーフが繰り広げられているが、ダンスミュージックシーンにおいても因縁のビーフがある。それはDiploとZeddだ。

2015年からDiploはZeddに対して、時折「新曲がFlumeのパクり」や、「Zeddのアルバムはクソだ」などとの難癖をつけており、Zeddもそれに対し「嫉妬するな」など反撃をしており、原因不明のビーフが続いている。

そして本日EDMプロデューサーのMax VangeliがDiploに対して攻撃をしたのに対し、Zeddが乗っかったことで再びこのビーフが幕を開けてしまった。

Vangeliは香港でDiploのサポートをした際に、冷たくあしらわれたことを明かし、Diploを最低の野郎とののしり「SkrillexがDiploの元を離れた理由がわかった」とツイート、それに対しZeddが「100%同意する」とリプライしている。

これに対しEDMシーン1のラッパー気質のDiploは、まずはZeddに対し「24時間以内にTwitterアカウントを消せ、さもなければ(Drakeに対する)Pusha Tのようにお前を攻撃する」と強烈なカウンターパンチ。

さらに口火を切ったVangeliには返す刀で「香港でお前にサインを頼まれた時に、ただのファンだと思ったんだ、ごめん。ショーでDJをしてたのを知らなかったんだ、本当にすまないね兄弟」と強烈な嫌味で応戦している。

ヒップホップシーンではこの後はディス曲がリリースされるのがお約束だが、果たしてこの戦いはどうなるのだろうか?

RELATED

A-TrakとZeddとの間でSheck Wes "Mo Bamba"を巡る論争が発生、その状況に"Mo Bamba"のプロデューサーであるTake-A-Daytripがコメント

そのあまりにユニークなバイブスで今年を代表するヒット曲の一つとなったSheck Wesの"Mo Bamba"。シンプルな構成ゆえに賛否両論のある同曲だが、そこに人気EDMプロデューサーのZeddが噛み付いた。

Diploが「次のアルバムがMajor Lazerの最後の作品になる」と発言

言わずと知れたトップDJのDiplo率いるMajor Lazer。2008年から現在に至るまでダンスミュージックシーンのトップを走り続けてきたこのユニットが、次回作で活動を終了するという。

Diplo率いるMajor Lazerがアフロビーツミックスをリリース | Burna BoyやMr. Eaziとのコラボチューンも

ダンスホールやヒップホップ、R&Bなどと結びつき新しいサウンドが続々と生まれているアフロビーツシーン。そのシーンについてMajor LazerのDiploは近年アフリカ・ナイジェリアなどを訪問し、当地のアーティストたちと交流を深めてきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。