Playboi Cartiのデビューアルバム『Die Lit』からモッシュの混沌を切り取った"R.I.P."のミュージックビデオ

Playboi Cartiがリリースしたデビューアルバム『Die Lit』から、収録曲"R.I.P."のミュージックビデオが公開された。

Cartiは以前からパンクのフォーマットを用いて自身の表現をすることを続けており、Nick Walkerによる『Die Lit』のカバーアートも、まるで80'sのハードコアパンクのカバーのような写真を用いたものだ。

これに続き公開された"R.I.P."のミュージックビデオも、最近ではラップのライブでも日常茶飯事となっているエネルギッシュでカオティックなモッシュをスローなどを交えつつモノクロで切り取ったものとなっている。ラップのビデオでここまでコンセプチュアルにモッシュがフィーチャーされたのは、これまでにないだろう。

しかもこのモッシュにはアフリカンアメリカンをはじめ、白人、アジア系などさまざまな人種はもちろん、ファッション的にもパンクスやゴス的な者から、カジュアルなスタイルまでさまざまな層の人物が写り込んでいるのもまた印象的だ。

RELATED

Playboi Cartiのライブに乱入してきたファンがセキュリティに投げられ宙を舞う

大きな盛り上がりをみせるアメリカのヒップホップシーン、好きなラッパーに近づくためにはどんな手を使ってでもやろうという熱狂的すぎるファンが一定数存在するのも確かだ。

Playboi Cartiが喘息を患っていることを明かす

今年、待望のデビューアルバム『Die Lit』をリリースしたPlayboi Carti。名実ともに現在のシーンきってのラッパーになりつつある彼だが、実はその裏である苦しみを抱えていたようだ。

Playboi Cartiが「SNSでリーンをやめたと宣言することはダサい」と語る

Playboi Cartiといえば独特なポジションとクールな佇まいで人気を得ているラッパーだが、そんな彼がSNSでリーンをやめたと宣言するラッパーたちを「ダサい」と一刀両断した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。