Chance The Rapperのチャリティー団体Social Worksによる高校生限定イベントにChildish Gambinoが出演し大熱狂となる

Chance The Rapperが主宰するチャリティー団体Social Worksが、地元シカゴで高校生限定のイベントを開催、Chance The Rapperと共にChildish Gambinoがサプライズで登場し、大熱狂となる一幕があった。

Twitterでアップされていたこの動画では、Chance The Rapperが、「次のゲストには説明はいらないだろ」と話すと、"This Is America"のイントロが流れはじめる。Chance The Rapperとは長年親交がありコラボ作品の噂もあるChildish Gambinoが登場すると、高校生たちは自分の席を離れ、我先へとステージの前に集まっていき、熱狂的に大合唱を行っている。

Chanceらしい粋なサプライズだが、今年のSUMMER SONICでもこのようなサプライズは期待できるだろうか?

RELATED

Chance The Rapperが婚約者のために地元のショップを貸し切りに

先日、7月に待望のニューアルバムをリリースすることを宣言したChance The Rapper。順風満帆な音楽活動を送っている印象のある彼だが、私生活も充実の一途をたどっているようだ。今週月曜日、Chanceは婚約者であるKirsten Corleyに思う存分買い物を楽しんでもらうため、地元シカゴのBarneysを貸し切りにしたとPage Sixが伝えている。

Chance The Rapperが7月にニューアルバムをリリースすると予告

Kanye Westとのコラボアルバム『Good Ass Job』を制作しているとしながらも2016年の傑作『Coloring Book』以来まとまった形の作品をリリースしていないChance The Rapper。そんな彼が、今年の7月にアルバムをリリースすることをアナウンスしている。

グラミー賞で"This Is America"が主要賞含む4部門で受賞 | ヒロ・ムライも最優秀ミュージックビデオ賞を獲得

昨日行われた第61回グラミー賞授賞式でChildish Gambinoの"This Is America"が、年間最優秀レコード賞や年間最優秀楽曲賞などの主要賞を含む4部門を獲得した。ラップ楽曲が年間最優秀楽曲賞を受賞するのは初めてのこととなる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。