Chance The Rapperのチャリティー団体Social Worksによる高校生限定イベントにChildish Gambinoが出演し大熱狂となる

Chance The Rapperが主宰するチャリティー団体Social Worksが、地元シカゴで高校生限定のイベントを開催、Chance The Rapperと共にChildish Gambinoがサプライズで登場し、大熱狂となる一幕があった。

Twitterでアップされていたこの動画では、Chance The Rapperが、「次のゲストには説明はいらないだろ」と話すと、"This Is America"のイントロが流れはじめる。Chance The Rapperとは長年親交がありコラボ作品の噂もあるChildish Gambinoが登場すると、高校生たちは自分の席を離れ、我先へとステージの前に集まっていき、熱狂的に大合唱を行っている。

Chanceらしい粋なサプライズだが、今年のSUMMER SONICでもこのようなサプライズは期待できるだろうか?

RELATED

Chance The Rapperの作品のアートワークを手がけるBrandon Breauxの展覧会が緊急開催

Chance The Rapperの名作『Acid Rap』や『Coloring Book』などのアートワークを手がけているアーティストBrandon Breauxと、DUM-DUM LLPによるコラボ展が、本日から8/20(月)まで東京・原宿のOKUで開催される。

G HerboがChance The RapperはKanye WestやMichael Jordanよりもシカゴに貢献していると語る

今日、プロデューサーのSouthsideとコラボした作品『Swervo』をリリースしたシカゴのラッパーG Herbo。

Chance The Rapperが4曲の新曲をサプライズリリース

今週一度はアルバムのリリースが報じられたものの、Twitterで本人が否定したChance The Rapper。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。