BlocBoy JB、Key Glock、Three 6 Mafiaの再評価 | 再び脚光を集めるメンフィスのヒップホップシーン

Three 6 Mafiaや8ball & MJGなど、現在のヒップホップシーンにまで強い影響を及ぼすラッパーを多数輩出してきたことで知られるメンフィスのシーンだが、現在、このメンフィスを中心に再び新しい動きが起こっている。

“Shoot”のバイラルヒットやDrakeによるフックアップで一躍その名を世界中に知らしめたBlocBoy JBや、そのプロデュースを手掛けているビートメイカーのTay Keithを中心に、メンフィスのシーンは新たな盛り上がりを見せつつある。

Tay Keithはメンフィスの新世代ラッパーのプロデュースを一手に引き受けている他、Wiz Khalifaのようなビッグネームに起用されるなど今まさにシーンの中心にいるプロデューサーであると言っても過言では無い。

ここでは、Tay Keithがプロデュースしているメンフィスのラッパーを中心に紹介していきたい。

BlocBoy JB

FNMNLでも幾度となく取り上げられているが、BlocBoy JBは”Shoot”や”Rover”、Drakeとコラボした”Look Alive”などのヒットにより今最も勢いのあるラッパーの一人といえる。

Tay Keithとは幼馴染で、多くの曲のプロデュースを彼が手がけている。Shootダンスという独特なダンスはミームとしてネット上に広がり、Childish Gambinoの”This is America“のMVにフィーチャーされていることにも象徴されるように2018年のユースカルチャーにおいて大きなトピックとなった。

 

Key Glock

弱冠21歳のラッパーKey GlockはThree 6 MafiaやProject Patに影響を受けてラップを始め、”Momma Told Me”や”Russian Cream”などの自身の生まれ育った厳しい環境をリアルに綴ったリリックやトレードマークとなっている”The Fuck?!”というアドリブで人気を博している。彼が2015年に暴行や強盗などの容疑で拘留されていた際従兄弟のYoung Dolphが保釈金を支払い、そのままDolphのレーベルPaper Route Empireと契約したという。

Tay Keithは他にもXavier Wulfのようなアンダーグラウンドで活動してきたラッパーや、Juicy Jのようなレジェンドのプロデュースも行なっている。
Xavier WulfはいわゆるSoundCloudラップシーンで活動してきたラッパーであり、インターネット上のゴスラップに強い影響を与えたことでも知られるが、その重くドラッギーなトラックとラップのスタイルからはTommy Wright Ⅲなどに代表されるメンフィスのアンダーグラウンドラップの系譜にあることを実感させられる。

Juicy Jは言わずと知れたThree 6 Mafiaのメンバーであり、近年では$uicideboy$とのコラボミックステープをリリースするなど未だに精力的な活動を続けている。$uicideboy$はニューオーリンズ出身だが、Three 6 Mafiaなどのダークなメンフィスサウンドに影響を受けているユニットであり、ヒーローであるJuicy Jとの共演には大きな感銘を受けていた。

ここ最近はThree 6 Mafiaのクラシックチューン”Who Run It”のリミックスが流行したことから、自らもフリースタイル音源をアップロードし大きな話題になるなど、再び大きな注目を集めるようになっている。

またG Eazyの大ヒット曲"No Limit"では、Three 6 Mafiaの“Slob On My Knob”のフックを元に再構築されるなど、他地域のラッパーたちもメンフィスの残した遺産に注目している。そしてご存知のように"No Limit"のリミックスではJuicy Jが参加するなどメンフィス復権を印象づける曲としては文句なしのインパクトを残している。

しかし残念なニュースもある。Three 6 Mafiaの再評価の機運が高まる中、Juicy Jとともに中心人物だったDJ PaulがTwitter上で激しくディスしたのだ。これでThree 6 Mafiaの再結成は遠のいたと言わざるを得ない。

ただ現在のメンフィスにはベテランから若手に至るまで、多様なラッパーが揃っており、活躍できる豊かなシーンの土壌があり、新しいサウンドが生まれ始めている。これからも多くのラッパーがブレイクしていく気配を感じさせる。
どのようなムーブメントがメンフィスから発生するのか、アトランタを中心としたサウスのヒップホップ地図が徐々に塗り替わっていくのだろうか、今後も目が話せない。(山本輝洋)

RELATED

今年の一大トレンドBlocBoy JBの「Shoot」ダンスに迫った動画をGeniusが公開

今年のXXL Freshmanにも選出され、一躍スターとなったメンフィス出身のラッパーBlocBoy JB。そんな彼がここまでの知名度を得るきっかけとなった「Shootダンス」を特集した動画をGeniusが公開している。

Juicy JがThree 6 Mafiaの活動を再開したいと発言|他のメンバーの発言と矛盾

Three 6 MafiaのメンバーJuicy Jが、Three 6 Mafiaとして新たに音楽を作りたいと発言。『Beats 1 Radio』のインタビューでJuicy Jはメンバーに対する思いを語り、メンバー間の関係を修復できれば活動再開を実現できると明かした。

BlocBoy JBが「ヒットしたことによるプレッシャーは無く、金持ちになりたいとも思わない」と発言

Shootダンスの流行とDrakeのフックアップによって一気に巨大な名声を手にしたBlocBoy JB。2018年のXXL Freshmanにも選ばれた彼が、Drakeの名前を借りずに今後のキャリアを続けて行くことについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。