Kanye Westの誕生日パーティーでマジシャンが大活躍

Kanye Westといえば無類の手品好きということで知られている。彼はライブツアーの際にも、自身をステージから消すためにはどうしたらいいかと考えるほどであり、これまでにもマジシャンたちの妙技に魅了されてきた過去を持っている。

そんなKanyeが、先日41歳の誕生日を迎え盛大なパーティーを開催、親交のあるラッパーなどが集まったが、会場に呼ばれた1人のマジシャンが大活躍したのだ。このマジシャンはメンタリストを名乗り、超自然的なエンターテインメントを起こすイスラエル出身のLior Suchardだ。

Kanye and Lior Suchard last night at Kanye’s Birthday Party

Kim Kardashian Snapchats ?さん(@kimkardashiansnap)がシェアした投稿 -

彼はスプーン曲げなどのオーソドックスなマジックをやってのけ、主賓のKanyeなどを喜ばせている。

Teyana Taylor, Quavo Huncho, Marcus Hyde, Lior Suchard and many more at Kanye’s Birthday Party last night ?

Kim Kardashian Snapchats ?さん(@kimkardashiansnap)がシェアした投稿 -

Kanyeプロデュースでのアルバムリリースを控えるTeyana Taylorに対しては、手が離れなくなるという超自然現象をおこしている。MigosのQuavoなどの影から、一生懸命に覗き込もうとするKanyeの姿をみることができる。

こちらは同じくTeyana Taylorが後ろに倒れてしまうというマジックとなっている。Kanyeは自身のアルバムKid Cudiとのコラボ作のあとにもNasとTeyana Taylorのアルバムリリースを控えており、こちらの2作でもマジシャン並みの魔術を起こせることができるだろうか。注目が集まっている。

 

RELATED

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Kanye WestがEMIに対して起こした訴訟の詳細が明らかに

先日、Ksnye Westがかつての所属レーベルであるEMIに対して訴訟を起こしていることを伝えたが、その訴訟の詳細が明らかとなった。

Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。