香月恵介とHouxo Queによる展覧会『NOUMENON』が開催

ブラウン管モニターを絵具で再現した「ピクセル絵画」などで知られる香月恵介と、ディスプレイや蛍光塗料を用いた制作を行うHouxo Queによる二人展『NOUMENON』が、6/24(月)まで東京・阿佐ヶ谷のTAV GALLERYで開催中だ。

光の反射をテーマにする香月と、それ自体が発光するものを使うHouxoQue。画面という境界に対する二人のアプローチは、しばしば比較されてきましたが、今回の展示では、平行な仮設壁を設け、文字通り、二人の作品を対立させる。

Spectrum #4_acrylic on panel_654x1122mm_2017

Gray(Medium)#Blank_acrylic on panel_654×1122mm_2017

Q1jpg

Q2jpg

また、TAV GALLERY独特のガラス張りの空間によって、時間とともに変化する光と作品の関係にも注目だ。

Info

numenonメインビジュアル (1)

開催概要
名称 : NOUMENON
会期 : 2018年6月8日 (金) – 6月24日 (月)
会場 : TAV GALLERY (東京都杉並区阿佐谷北1-31-2) [03-3330-6881]
時間 : 13:00 – 20:00
休廊 : 水曜、木曜
Opening Party : 6月9日 (土) 18:00 – 20:00

参加作家 : 香月恵介、HouxoQue
施工協力 : 秋山佑太
キュレーター:飯盛希

http://tavgallery.com/noumenon/

RELATED

Chance The Rapperの作品のアートワークを手がけるBrandon Breauxの展覧会が緊急開催

Chance The Rapperの名作『Acid Rap』や『Coloring Book』などのアートワークを手がけているアーティストBrandon Breauxと、DUM-DUM LLPによるコラボ展が、本日から8/20(月)まで東京・原宿のOKUで開催される。

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

多和田有希の個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』がG/P galleryで開催

人間の精神的治癒のシステムをテーマに制作を行っているアーティストの多和田有希による個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』が、8/25(土)から東京・恵比寿G/P galleryで開催される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。