Kanye WestとKid Cudiのコラボアルバム『Kids See Ghosts』がリリース

『The Life of Pablo』以来約2年ぶりとなる新作『Ye』を先週リリースしたKanye West。自身のTwitterで予告していた通り、今日Kid Cudiとのコラボアルバム『Kids See Ghosts』をリリースした。

アートワークを担当したのは村上隆。KanyeとCudiの2人は去年の夏頃に、村上隆のアトリエスタジオを訪れており、親交が深いことがうかがえる。

Long time no see @kidcudi and #kanyewest. Thank you for coming to my studio. It was fire ???

Takashi Murakamiさん(@takashipom)がシェアした投稿 -

そんな今回のアートワークは日本画がモチーフとなっており、ポップでありながらもどこか陰鬱とした雰囲気も併せ持つデザイン。村上隆はKanyeが2007年にリリースしたアルバム『Graduation』のアートワークも手がけていたが、そのアートワークともどことなく似ている。

そして『Kids See Ghostz』でKanyeが5月から6月にかけてリリースする予定の5作品のうち3作品がリリースされ、残りは2作品となった。
来週6/15(金)には自身がプロデュースするNasのニューアルバム、そして6/22(金)には5つの作品の最後を飾るTeyana Taylorの待望のデビューアルバムがリリースされる予定だ。

RELATED

A.P.C.がKid Cudiとのコラボレーションアイテムを発表

A.P.C.が新たにA.P.C. INTERACTIONと呼ばれる新たな取り組みを発表、第一弾のコラボレーターとしてKid Cudiが選出された。

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Kanye WestがEMIに対して起こした訴訟の詳細が明らかに

先日、Ksnye Westがかつての所属レーベルであるEMIに対して訴訟を起こしていることを伝えたが、その訴訟の詳細が明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。