Kanye Westの新作に収録されている”I Thought About Killing You”の奴隷制についてのリリックがリリース後に変更される

先週6月1日に待望の新作『Ye』をリリースしたKanye West。自身を取り巻く状況や抱えている精神的な問題について赤裸々に明かしたこのアルバムは高評価の声が目立つが、リリースの前には「奴隷制は選択だった」という発言で大バッシングを浴びた。

Kanyeはその後アルバムを一から作り直し、攻撃的なリリックを取り除いたと伝えられたが、どうやらそれだけでは不十分だったらしい。

リリース後からもうすぐ一週間が経とうという6月7日、アルバムの一曲目”I Thought About Killing You”のリリックが一部変更されていることにアルバムを何周もしていたファンたちが気づき始めた。

曲の3分40秒ごろにあった”Sorry, but I chose not to be slave(ごめん、でも俺は奴隷にならないことを選んだ)”という歌詞が現在削除されており、ただトラックだけが流れるという状態になっている。

当該箇所は件の発言を踏まえたものとなっているため、Kanyeもまずいと思ったということだろうか。

もちろんKanyeがアルバムの内容をリリース後に変更するのはこれが初めてではなく、前作”The Life of Pablo”はKanye本人が「生きたアルバム」と称した通りリリース後も曲の内容が変化し、また新たな曲が追加されるなどストリーミングという形式を活かした斬新な手法がとられたことで話題となった。

6月8日にはKanyeとKid Cudiとのコラボアルバム『Kids See Ghosts』がリリースされるが、今後も『Ye』の内容はアップデートされるのだろうか?

RELATED

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Kanye WestがEMIに対して起こした訴訟の詳細が明らかに

先日、Ksnye Westがかつての所属レーベルであるEMIに対して訴訟を起こしていることを伝えたが、その訴訟の詳細が明らかとなった。

Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。