DJ Paulが袂を分かった元Three 6 MafiaのJuicy Jを「金持ちだが孤独な奴」と批判

DJ PaulとJuicy Jの2人を中心に90年代から活動してきたサウスの最重要グループThree 6 Mafia。G Herboによる彼らの楽曲"Who Run It”を用いたフリースタイルをきっかけにムーブメントが起こり再度脚光を浴びているThree 6 Mafiaだが、今はJuicy JはTaylor Gangに移り、DJ Paulは元Three 6 Mafiaのメンバーたちと共にDa Mafia 6ixを結成し、別々の道を歩んでいる。

しかしその元相棒に対してDJ Paulが溜まっていた不満を爆発させた。

DJ Paulは「Three 6 Mafiaが史上最高のグループだ」と述べ、「DJ PaulだけがまだThree 6 Mafiaの資格を持っている」と他のメンバーは離れていってしまっていると続けた。

さらに彼は名前を出してこそいないが、Juicy Jを「他のクルーに移ったやつ」と呼び、「あいつよりおれのファンの方がいけてるよ」と批判した。

その後もPaulはJuicy Jを「金持ちだけど孤独なやつ」と批判している。

さらにPaulはJuicy Jなど袂を分かった仲間たちに対して「なんでおれのことを嫌うのかと言ってくれ」と嫌われていることを明かし、「みんなおれが世界一いけてるやつだって知ってるはずだ、だから、まじでだからなんで嫌っているかを説明してくれ」と最後は批判ではなく懇願に似た口調となっている。

Juicy Jの真意はわからないが、今Three 6 Mafiaが再結成したらテンションが上がるという人は多くいそうだが、それは望み薄かもしれない。

 

RELATED

Juicy Jが3分以内の短いヒット曲が増えた理由について語る

ストリーミングサービスで音楽を聴くことがポピュラーになった昨今、時間が短いヒット曲が増えていることを実感するリスナーは多いはずだ。史上もっとも短いヒット曲はLil Pumpの“Gucci Gang”(2分4秒)だが、そんな現状について元Three 6 Mafiaで現在も第一線を走り続けるJuicy Jが語っている。

Juicy JがThree 6 Mafiaの活動を再開したいと発言|他のメンバーの発言と矛盾

Three 6 MafiaのメンバーJuicy Jが、Three 6 Mafiaとして新たに音楽を作りたいと発言。『Beats 1 Radio』のインタビューでJuicy Jはメンバーに対する思いを語り、メンバー間の関係を修復できれば活動再開を実現できると明かした。

BlocBoy JB、Key Glock、Three 6 Mafiaの再評価 | 再び脚光を集めるメンフィスのヒップホップシーン

Three 6 Mafiaや8ball & MJGなど、現在のヒップホップシーンにまで強い影響を及ぼすラッパーを多数輩出してきたことで知られるメンフィスのシーンだが、現在、このメンフィスを中心に再び新しい動きが起こっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。