【イベントレポート】ZIMA BLOCK PARTY | kZm、あっこゴリラ、JABBA DA FOOTBALL CLUB、Taeyoung BoyがPIZZA SLICE2を舞台に熱狂の一夜をメイク

5/29(火)に開催されたZIMA主催のヒップホップイベント『ZIMA BLOCK PARTY』。1997年の日本上陸以降、ストリートカルチャー、とりわけ音楽と密接な関係を築いてきたZIMAが、ヒップホップ誕生の礎になった「ブロック・パーティー」をテーマにしたイベントを開催するというニュースは、開催前から「どんなイベントになるのか?」と話題に。

出演アーティストはkZm(YENTOWN)、あっこゴリラ、JABBA DA FOOTBALL CLUB、Taeyoung Boyという若きアーティストたちに加え、ZIMAレジデントDJのDJ RENとMCを務めるSIMON。さらに、kZmのアルバムジャケットのデザインなどで知られるYuki Nakajoが会場展示を手掛けた。今回は彼らが大集結したスペシャルな一夜の模様をレポート。

text&interview by ラスカル(NaNo.works)

photo by 大石隼土

イベント協力:PIZZA SLICE2

0605_zimablockparty_repo_01

イベントの舞台となったのは、表参道の『PIZZA SLICE2』。代官山の人気ピザ店『PIZZA SLICE』の2号店として2016年にオープンした同店は、そのピザの美味しさはもちろん、ハイエンドなショップが立ち並ぶエリアならではの、アンテナの高い人たちが多く集うことで知られている。

そもそも、スパイク・リーの『Do The Right Thing』の舞台がニューヨークのピザ屋であったり、LAを拠点にするレーベル『Delicious Vinyl』がピザ屋を運営していたりと、ヒップホップとピザとの親和性は高く、今回、ZIMAがブロック・パーティーをテーマにしたイベントを開催するにあたって、『PIZZA SLICE2』は格好の場所と言えるだろう。

0605_zimablockparty_repo_02
当日は19時のオープン前から店へ降りる階段に列が並び、事実、オープンから一時間も経たないうちに一般チケットが完売する盛況ぶりだった

0605_zimablockparty_repo_03

0605_zimablockparty_repo_04

店内に入り、まず目に飛び込んできたのはDJブースのレコードの上に置かれた今回のイベント名入り特注&特大ピザ。そしてその後ろの壁には、青く着色されたものを混ぜた氷でキンキンに冷やされたZIMAのボトルが、透明なふたつのケースに入って飾られている。これはYuki Nakajoが手掛けたもので、会場の熱気で氷を溶かすというインスタレーション作品だった。

0605_zimablockparty_repo_05

0605_zimablockparty_repo_06

そこから観客は“あるセット”をゲットしに店のカウンターへ。今回のイベントはなんと、来場者にはZIMA1本&ピザ1スライスという特典付き! 観客はビッグサイズのピザをほおばり、それをキリッと爽やかなZIMAで流し込みこみながら、これから始まる熱狂のライブに備えた。

0605_zimablockparty_repo_07

0605_zimablockparty_repo_08

オープンからほどなくしてイベントはスタート。まずはDJ RENがブロック・パーティーをテーマにしたグルーヴ感あふれる選曲でフロアを温め、さらにSIMONがヒップホップにおけるブロック・パーティーの重要性と、今夜の意気込みを観客へ向けてシャウトした。

0605_zimablockparty_repo_09

0605_zimablockparty_repo_10
Taeyoung Boy

そしてライブの一発目に登場したのはTaeyoung Boy。観客もまだこのイベントをどのように楽しんでいいのか手探りの状況の中、Taeyoung Boyはその確かなスキルを情熱的なライブで遺憾なく発揮し、 自己紹介も兼ねながら観客に火をつける。

0605_zimablockparty_repo_11

0605_zimablockparty_repo_12

続いて現れたのは “キャラ立ち4本マイク”こと、JABBA DA FOOTBALL CLUB。彼らの持ち味であるキャッチ-でメロウな楽曲は、このイベントならではの観客との距離の近さによって盛り上がりが倍増! コール&レスポンス含め、一体感のあるライヴを披露した。

0605_zimablockparty_repo_13

0605_zimablockparty_repo_14

0605_zimablockparty_repo_15

0605_zimablockparty_repo_16

0605_zimablockparty_repo_17

2組が作った空気を受けて登場したあっこゴリラ、kZmによる熱狂のライブレポートはZIMA.JPのレポートでチェック!

Event Recap

イベントタイトル:ZIMA BLOCK PARTY

開催日:2018年5月29日(火)

開催時間:OPEN・START 19:00 / CLOSE 22:00

チケット情報:当日券のみ 1,000円(税込)

チケット特典: ZIMA 1本(ボトル)/ PIZZA SLICE 1枚

出演:kZm(YENTOWN)/ あっこゴリラ / JABBA DA FOOTBALL CLUB / Taeyoung Boy

DJ:DJ REN

HOST:SIMON

主催:ZIMA

協力:PIZZA SLICE 2

企画制作:株式会社テレビ朝日ミュージック / Qetic株式会社

RELATED

ボーイズ・グループINTERSECTIONが持つ可能性

いまグローバルなポップスのシーンで、最も勢いのあるボーイズグループといえば、今年リリースしたアルバムが韓国のアーティストとして初めて全米1位を獲得し、TIME誌の次世代の顔にも選出されたBTSで衆目が一致するところだろう。

Spotifyによるイベント『Early Noise Night』の第9弾がSIRUPやTaeyoung Boyなどが出演し開催

Spotifyがプッシュする旬のアーティストが出演するイベント『Early Noise Night』の第9弾が、11/14(水)に東京・代官山SPACE ODDで開催される。

【ライヴレポート】『分離派の夏』の終わり | 小袋成彬がライヴで表現した言葉にならない感覚

小袋成彬はさまざまなインタビューで、デビューアルバム『分離派の夏』は個人的な作品であると話していた。だが同時に「主観と客観のせめぎ合いを音楽の秩序に放り込んだんですね。語っているのは自分なのか、子供の自分なのか曖昧なまま突き進んでいって、曲が出来た瞬間に完全に自分から離れるんですよね。僕のものではなくなるというのは実感していて。僕は作者と作品は全く別物だと思っていて」(FNMNL)とも語っている。小袋はライヴでどんなパフォーマンスするのか、そんな思いで会場に向かった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。