A$AP Rockyの新作からSkeptaをフィーチャーした"Praise the Lord (Da Shine)"のNYとロンドンのストリートを映すミュージックビデオ

A$AP Rockyのニューアルバム『TESTING』から、UKにおけるRockyの盟友であるSkeptaをフィーチャーした"Praise the Lord (Da Shine)"のミュージックビデオが公開された。

Dexter Navyが制作したこのミュージックビデオは、Rockyが住むNYとSkeptaのロンドンのストリートや彼らの生活を、90年代のビデオを今見るようなくすんだ画質で切り取っている。画面を半分で切り、それぞれの都市の風景を並置させているのが印象的だ。

Rockyは頻繁にSkeptaが暮らすロンドンを訪れており、アルバムの制作もロンドンで行っていた。

RELATED

A$AP Rockyがグラミー賞のプレパーティでTravis Scottに間違えられる

A$AP RockyとTravis Scottといえば、現在のシーンを代表するスタイリッシュなラッパーである。何かと比較されることも多い二人だが、今回のグラミー賞のプレパーティでA$AP RockyがTravis Scottと間違えられる珍事が発生してしまったようだ。

A$AP Rockyが「もしSoulja Boyがいなかったら、自分は存在しなかっただろう」と語る

Soulja Boyといえば“Crank That”をはじめ、インターネットを武器にのし上がったラッパーの先駆け的存在である。そんな彼に対し、A$AP Rockyがリスペクトを送っている。

A$AP Rockyが「クリエイティビティのためにドラッグに頼るアーティストは才能が無い」と語る

ヒップホップとドラッグは切っても切り離せない関係にある。2017年のLil Peepや昨年のMac Millerの死をきっかけに改めてドラッグを見直す動きが生まれたことは確かだが、依然としてリーンやオピオイドといったドラッグはシーンに蔓延している。そんな中、A$AP Rockyがドラッグの使用をやめて素面のままでいることを試しているという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。