DJ MAYAKUがS̸をフィーチャーした"Dance with Wolves (Reprise)"をリリース

昨年のPUNPEEのアルバムにも参加し、最近ではサニーデイ・サービスのリミックスプロジェクトにも楽曲を提供していたDJ MAYAKUが、盟友のS̸をフィーチャーした新曲"Dance with Wolves (Reprise)"をYouTubeやSpotifyなどでリリースした。

この楽曲はDJ MAYAKUがS̸の前名義であるSOCCERBOYと共に2013年に公開していた"Dance with Wolves"のアップデートバージョンで、トラックもリリックも変化しており、よりジャンルの境界線を無効にする楽曲となっている。

ミックスとマスタリングはDJやプロデューサーとして活動するKAN TAKAHIKOが務めている。

Apple MusicやSpotifyへのリンクはこちらから。

Info

DJ MAYAKU feat. S̸ - Dance with Wolves (Reprise)

DJ MAYAKU feat. S̸ - Dance with Wolves (Reprise)
[Mixed & mastered by KAN TAKAHIKO]

RELATED

ラップからハウスまで自由に横断する新パーティー『OZU』にS̸ FKA soccerboyがライブ、KID FRESINOがDJとして出演

ハウスを軸にテクノ、ヒップホップ、レゲエをブレンドしたプレイで知られるinazumatic djsと、ヒップホップを軸にダンスホールや雑多なジャンルをプレイするshakke-n-wardaaの2組4人によるレジデントパーティー『OZU』がWWW βでスタート。

DJ MAYAKUによる和物からDiplo、Miles Davisまでを横断するコラージュ的なDJミックス

DJとして活動し、ビートメイカーとしてもPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』やコンピレーション『LIFE LOVES THE DISTANCE』にもビートを提供、さらにS̸とのコラボワークでも知られるDJ MAYAKUによる最新ミックス『CUNT RAIN』が公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。