Kanye Westの『ye』のリスニングパーティーに潜入した大ファンの17歳

先週リリースされたKanye Westのニューアルバム『ye』。Kanyeはアルバムを制作していたワイオミングで妻のKim KardashianやLil Yachty、2 Chainz、Jonah Hillなど多数のセレブを招いて開催されたが、このパーティーに招待されていないが、どうしても潜り込みたい1人の若いファンがいた。

そのファンの名前は17歳のConnor Tacyくん。ノースコロラドに住む彼は、Kanyeと知り合いではなかったが6時間半をかけて、ワイオミングにやってきた。彼はTriple Jのラジオ番組に出演した際に、「僕はKanyeの大ファンで、Pusha TのインタビューでKanyeがアマンガニホテルに泊まっているのは知っていたんだ」と語っている。

ただ高級ホテルのアマンガニホテルは一泊1600ドル(約17万5000円)で、彼には高すぎた。Connorくんは、近くのホテルを抑えたが、ただ招待されていないためこのままではパーティーに潜入することはできない。

しかしここでConnorくんに幸運が、なんとKanyeの従兄弟であるTony Williamsに出くわしたのだ。Connorくんはその時一目でKanyeファンとわかる服装をしていた。「彼と話して、彼は僕がたくさんのYeezyのアイテムを着用していたのを見たんだ。Yeezy 500sを履いてカラバサスハットをかぶって、パンツもそうだった。彼は『君はリスニングパーティーに行くの?』と聞いたから、僕は『いや、だけど忍び込むつもり」と答えたら、『本当かよ、おれのリストに入れておくよ』と言ったんだ」と振り返っている。

AMANGANI. JACKSON HOLE. WYOMING.

Connorさん(@connor_t__)がシェアした投稿 -

そして見事にパーティーに入ることができたConnorくんは、夢にまで見たKanyeとの対面を果たす。

STILL SHAKING

Connorさん(@connor_t__)がシェアした投稿 -

believe it or not

Connorさん(@connor_t__)がシェアした投稿 -

そして至近距離で『ye』のお披露目パーティーを楽しんでいる様子がConnorくんのInstagramにはアップされている。彼にとっては生涯忘れられない夜となったにちがいない。

RELATED

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Kanye WestがEMIに対して起こした訴訟の詳細が明らかに

先日、Ksnye Westがかつての所属レーベルであるEMIに対して訴訟を起こしていることを伝えたが、その訴訟の詳細が明らかとなった。

Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。