taicoclubの創設者による新たなフェス『FFKT』が来年こだまの森で開催決定

2019年の6/1(土)~6/2(日)に長野・こだまの森で野外音楽フェスティバル、『FFKT』(the Festival Formarly Known as Taicoclub=FFKT)が開催される。

『FFKT』の主催者は、先週末に最後の開催を終えたばかりのtaicoclubの創設者で、当初よりアーティスト・ブッキング、ミュージック・ディレクションを担当してきたが、 2019年から同会場にて新しいフェスティバルを開催することになった。

第一弾のチケット販売は、早割チケットとして、クラウドファンディングサイ トCAMPFIREでのプロジェクトを通じて販売する。

このフェスには、テクノ・ハウス等の電子音楽からジャズやロックなどのバンドサウンドまで、幅広いジャンルの、最先端のアーティストが出演する予定となっている。主催者からのコメントはこちら。

<主催者より>

FFKTでは、テクノ・ハウス等の電子音楽から、ジャズやロックなどのバンドサウンドまで、幅広いジャンルの、最先端の音楽家の皆さんにご出演いただく予定です。13年間、TAICOCLUBのアーティスト・ブッキングを手がけてきた主催者が、TAICOCLUBの初心に帰りつつも、フェスを形作るすべての要素(ステージ、照明、音響、フードエリア、キャンプ、装飾etc.)をゼロベースから作り直し、全く新しい、現代的な「祭り=フェス」の最前線を作り上げていきたいと考えております
この6月からはMixcloudで「RadioFFKT」のシリーズ配信も決定。日本のフェス・シーンのみならず、世界の音楽シーンに、ユニークかつ最先端のビジョンを提案してまいります。
また、なぜTAICOCLUBではなく『FFKT』というフェスを立ち上げたのか、正直わかりずらいと考えられる方が多いと思います。新しいフェスティバル『FFKT』を立ち上げるにあたり、その経緯やイベントのビジョンをしっかり皆さんに届けることができればと考え、イベント自体の資金調達、また『FFKT』のビジョンを皆様に先んじて共有する目的で、今回CAMPFIREでのクラウドファンディングの実施に至りました。そして何より、FFKTは資金的なバックボーンの全くない組織です。クラウドファンディングで皆さんのお力をお借りすることは、FFKTのビジョンの実現に大きな力となります。これまでTAICOCLUB以来、「こだまの森」でのフェスティバルには、多くの方にお越しいただきました。皆さんと、より直接的な交流ができるような、またいちからフェスティバルをともに作ることができるような形を、CAMPFIREを通じて実現することができればと考えています。

Info

main

http://ffkt.jp/
6月1日(土)~ 6月2日(日) オールナイト公演
長野県木曽郡木祖村
こだまの森
FFKT事務局
前売券 -¥14,000 / 当日券 -¥15,000 ( 完売の場合、当日販売の予定なし) 早割券 -¥11,000+送料(CAMPFIREにて期間限定販売)
前売臨時駐車場 駐車券-¥3,000(前売券とのセット販売のみ) テント1張につき -¥3,000

<クラウドファンディングプロジェクト概要>

名称:TAICOCLUB創設者による新しいフェス、「こだまの森」で開催決定

期間:2018年6月5日(火)正午12:00 ~8月23日(木)23:59

URL:http://camp-fire.jp/projects/view/74694

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。