サニーデイ・サービスのリミックスプロジェクト『the SEA』に荒井優作、Ahh! Folly Jet、原摩利彦が登場

これまでに9組のアーティストが参加しているサニーデイ・サービスのリミックスプロジェクト『the SEA』。本日も新たに3組のアーティストによるリミックスがSpotifyのプレイリストに追加された。

今回追加されたのGOODMOODGOKUとの共作『色』や曽我部恵一のリミックスなどでも注目される荒井優作、Asteroid Desert Songsでの活躍をはじめ、ギタリストとして、プロデューサーとしてマルチに才能を発揮する高井康生によるソロユニットAhh! Folly Jet、坂本龍一との即興セッションや芸術家たちとのコラボレーションなど幅広い分野で活躍する気鋭の作曲家/ピアニスト原摩利彦が登場。

"さよならプールボーイ feat. MGF (原摩利彦 Remix)"、"ジーン・セバーグ (荒井優作 Remix)"、"シックボーイ組曲 (Ahh! Folly Jet Remix)"という3つのリミックスが追加され、さらに『the SEA』の世界は多様さを増している。

Info

SEA1600

サニーデイ・サービス Spotify プレイリスト the SEA
5月8日(火)配信開始

<収録曲(現在)>
FUCK YOU音頭 (「ラブソング 2」REMIX / 曽我部恵一)
熱帯低気圧 (betcover!! Remix)
甲州街道の十二月 (石田彰 Remix)
雨はやんだ feat. 尾崎友直 (Have a Nice Day! Remix)
すべての若き動物たち HAIR STYLISTICS REMIX (MASONNA Remix)
音楽 (Fumiya Tanaka Remix)
ジュース feat. bonstar (平賀さち枝 Cover)
ザッピング feat. 髙城晶平(cero) (藤井洋平 Remix)
完全な夜の作り方 (DJ MAYAKU Remix)
さよならプールボーイ feat. MGF (原摩利彦 Remix)
ジーン・セバーグ (荒井優作 Remix)
シックボーイ組曲 (Ahh! Folly Jet Remix)

RELATED

WWWで「カジュアルに行けるコンサート」をテーマにしたイベントシリーズがスタート | 初回は青葉市子と原 摩利彦の2マン

東京・渋谷のWWWで、新しいイベントシリーズ『any time any one』がスタート。このシリーズはフォーマルな印象のあるコンサートをライブハウスで「カジュアルに行けるコンサート」をテーマに開催。

MOCKYの来日ツアー初日はAhh! Folly Jet、鶴岡龍との3マン

2016年以来となる来日ツアーの開催を発表したMOCKY。WWW Xでの公演は坂本慎太郎とのツーマンでの開催となるが、ツアー初日3/20(水・祝前日)に開催されるLIQUIDROOMでの公演の詳細もアナウンスされた。

サニーデイ・サービスのクリスマスソング"Christmas of Love"が本日リリース

サニーデイ・サービスによるクリスマスソング"Christmas of Love"が本日リリースとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。