Ice Cubeが「Drakeの時代は終わった」と述べる

現在行われているPusha TとDrakeのビーフは、先週リリースされたPusha Tによる"The Story of Adidon"でPusha Tが優勢に立っている。このディス曲がリリースされて以後にDrakeは、アンサーを返していない。ビーフ巧者のDrakeがここまで追い詰められているのは珍しいが、レジェンドであるIce CubeがDrakeの時代は終わったと宣告した。

#icecube says #drake run at the top is OVER!! FAXXXXXX or FICTION??

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

30年以上のキャリアをほこるIce Cubeは「Drakeはよくやったよ」と過酷なヒップホップシーンで3年間も最先端にいたことを賞賛する。「ラップゲームの最先端には3年間しかいれない、その前に自分の場所を確保しないと」と述べたIce Cubeだが、「Drakeの時代は終わったと思う、それはリスナーたちが決めたことだよ」と、明確な理由は述べていないが、Drakeの時代は終わったと宣告した。

ただIce CubeはPusha Tのディス曲がDrakeの時代を終わらせた決定打とは考えていないようで、では一体どんな理由があるのかを探ってみたいところだが、Ice Cubeはその理由は語っていない。

Drakeは今月ニューアルバム『Scorpion』をリリースする予定となっており、ここでIce Cubeのいう通りDrakeの時代が終わったかどうかの判定ができるだろうか。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Ice CubeがN.W.Aの1番最初のリスニングパーティに参加するのを拒否されたことを明かす

N.W.Aといえば西海岸を代表する伝説的グループであり、そのファーストアルバム『Straight Outta Compton』はリリースから30年経った今でもアイコニックなアルバムとして語り継がれている。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。