故Whitney Houstonの親族達がPusha Tの『DAYTONA』のジャケットに対して怒りを露わに

先日リリースされたPusha Tのニューアルバム『DAYTONA』。故Whitney Houstonがドラッグを使用していたといわれている自宅の浴室の写真が、アルバムのジャケットに使われており、この写真の権利をKanye Westがこの写真を使用する権利を8万5000ドルで獲得したことも合わせて話題になっている。

しかし、この事に対し、故Whitney Houstonの親族達が怒りを露わにしている。Whitneyの元夫であるBobby Brownは、Rolling Stone誌のインタビューでこう述べている。「Kanyeがしたことには心底うんざりしているよ」と述べたBobby Brownは、「あれは本当に悪趣味だよ。Kanyeには何かしら罰が下るべきだ。彼はすでに狂っているよ。私が彼に初めて会ったときから、私は彼が狂っているとわかったよ。彼は自分を平手打ちかなにかで目覚めさせてくれる人を必要としている。そして私がそれをするべき人間なのだが」と嫌悪感を示した。

ただBobby BrownはWhitney Houstonがドラッグに依存する原因となったDVの加害者であることから、彼のこの発言には自分の立場を弁えていない点があるのも事実だ。

しかしその他の親族達も怒りを露わにしている。hitneyのいとこでもあり、Kanyeと仕事をともにしたこともあるDamon ElliotはPeopleのインタビューに対し、「あの写真は俺を(Whitneyが死去した)6年前に連れ戻した」と語り「本当に気分が悪い。あれはつまらないし、ださい」とPushaとKanyeの決断に対して不快感を露わにした。

アルバムのジャケットに対して怒っているのはこの2人だけではない。故Whitneyの義理の妹であるTina Brownは、「Kanyeにあの写真を売ったのは私や私の息子ではない」と主張し、なぜKanyeがあの写真がPushaのアルバムにぴったりだと感じたのかと疑問を呈している

RELATED

Pusha Tのライブ中スクリーンに“F**k Drake”の文字が表示されるも本人は関与を否定

ヒップホップシーンにおいて今年の上半期最大の話題になったと言っても過言ではないPusha TとDrakeのビーフ。Pusha Tによる強烈なディス曲“The Story of Adidon”に対するDrakeの返答が無いままビーフは終結したが、半年が経過した現在もその余波は残っているようだ。

Pusha TがDrakeの急所となった「息子の存在はDrakeの盟友Noah“40”Shebibから聞いた」と主張

今年の5月ごろに発生し、世界的に大きな話題となったDrakeとPusha Tとのビーフ。Pusha Tによる強烈なディストラック“Story of Adidon”に、Drakeが返答しないままアルバム『Scorpion』の発売などを経て鎮火したこの騒動だが、今回Pusha TがDrakeとのビーフの裏側をJoe Buddenのインタビューにて語っている。

Pusha TがKanye Westのワイオミングセッションは治療として始まったと語る

今年に入り、世間を賑わせ続けているKanye West。特に印象的だったのは5月から6月にかけてのリリースラッシュだ。彼は自身が関わる作品を一挙に5作品もリリースしたわけだが、それらの作品のレコーディングは全てワイオミングで行われたことは周知の事実だろう。いわゆるワイオミングセッションだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。