新宿中央公園で7月に開催される屋外シアターイベントで『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『シェフ』などを上映

7/25(水)から7/28(土)まで、東京・新宿中央公園で屋外シアターイベント『Screen@Shinjuku Central Park 2018』が開催される。

公園内に巨大スクリーンを設置し、日本でも随一の高層ビル群が織り成す夜景をバックに、映画を鑑賞しながら飲食も楽しめるこのイベントは、映画の観覧は無料で2016年から毎年夏に実施し、今回が3回目の開催となる。

25日(水)、26日(木)は、迫力のあるド派手なカーアクションが楽しめる『ワイルド・スピードスカイミッション』と、言わずと知れた名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が上映。

5 バック・トゥ・ザ・フューチャー【キャプション要】
(C)1985 Universal Studios. All Rights Reserved.

27日(金)には今年は新たに、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』が厳選した、オリジナルショートフィルムプログラムの上映、28日(土)は浴衣を着て楽しめるイベントや、おいしいキッチンカーとともに『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を上映するなど、パワーアップした内容でお届けする。

Info

1: 「Screen@Shinjuku Central Park 2018」

2:実施期間 2018年7月25日(水)〜28日(土)

3:会場 新宿中央公園(水の広場)

住所 :東京都新宿区西新宿2−11

アクセス:都庁前駅から徒歩1分(A5出口直結)

新宿駅西口から徒歩約10分

4:実施内容

(1)映画上映

期間中、毎日19:00から、仕事帰りや地域の方、来街の方などにお楽しみいただける

映画を日替わりで上映します。

※ 観覧無料、雨天決行荒天中止

<上映作品>

・25日(水)

『ワイルド・スピード スカイミッション』

 

・26日(木)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

新宿に高層ビルが建ち並ぶようになった1985年を舞台

とした往年の名作を、開放的な野外空間で!

・27日(金)

オリジナルショートフィルムプログラム

新宿に訪れた方が気軽に様々なフィルムを楽しんでいただ

けるよう、数々の映画祭で受賞歴を誇る『カーマンライン』

を含む、1本あたり5~20分程度のショートフィルムを集

めた約2時間のオリジナルプログラムを今年初めてご用意し

ます。

<受賞歴>

パームスプリングス国際短編映画祭 2014 (アメリカ)

サウスバイサウスウェスト国際映画祭 2014 (アメリカ)

アスペン国際短編映画祭 2014 (アメリカ)審査員賞

BAFTA 英国アカデミー賞短編映画ノミネート

・28日(土)

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

 

(2)キッチンカーによる飲食物の販売

(3)関連イベント

※ キッチンカーによる飲食物の販売、浴衣を着て楽しめる関連イベントなどの詳細は、7月上旬にお知らせします。

RELATED

ANARCHYが監督を務める映画『WALKING MAN』が製作発表 | 主役のラッパーは野村周平が演じる

ラッパーのANARCHYが初の映画監督を、人気漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、梶原阿貴が脚本を書くオリジナル映画作品『WALKING MAN』が製作発表となった。

【プレゼント】バスキア誕生の秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』の試写会に5組10名様をご招待

NYのストリートから時代の寵児とったNYの伝説的アーティストジャン・ミシェル=バスキアが、名声を得る前に焦点を当てている映画『バスキア、10代最後のとき』が、12/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開される。

Thom Yorkeがサントラを制作し話題の『サスペリア』のティザームービーが解禁

『君の名前で僕を呼んで』で映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督による伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、来年1月に全国ロードショーされるのを控えて、ティザー予告と場面写真が解禁となった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。