Pusha TがDrakeとのビーフがどのようにスタートしたかを明かす

Pusha Tのアルバム『DAYTONA』からスタートしたDrakeとのビーフだが、実は表面化するまでもこの2人の関係はかなり前から悪かった。Pusha TがHot 97のFunk Flexとのインタビューで、どのようにDrakeとのビーフがスタートしたのかを明かしている。

Pusha TはDrakeとのビーフの直接的な原因となったのは、2000年代まだPushaがNo MaliceとのユニットClipseを組んでいた時だという。そのきっかけとなったのはDrakeではなくDrakeも所属しているYoung Moneyの看板ラッパーLil Wayneとの諍いだったという。当時Lil WayneはClipseのスタイルをパクったと批判されており、それをWayneが否定したインタビューがきっかけだとPusha Tは振り返っている。

「インタビュアーがLil Wayneに『あなたはClipseのスタイルを、ドラッグというテーマをパクったんだ、BAPEも着るし』と聞いたら、おれは覚えてるけどLil Wayneの答えはちょっとクレイジーだった。『よう、おれは億万長者だぞ。おれがあいつらになりたいって?』と答えたんだ。この答えはおれにはちょっと攻撃的に感じた」とPusha Tはこの答えが彼にLil Wayneそして所属していたYoung Moneyに対する闘争心に火をつけたと答えており、そしてYoung MoneyのメンバーであるDrakeに対しても同じくだった。

その後G.O.O.D. Musicが立ち上がってからも、定期的にYoung Moneyとの諍いが起こったとPusha Tは振り返っている。そうした10年近くの歴史が積み重なって勃発したのが今回のDrakeとのビーフだとしたら、簡単には両者とも引き下がれないだろう。

RELATED

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。