TDEのプロデューサーSounwaveが初めてKendrick Lamarのラップを聴いた時のことを振り返る

MUSIC  2018.05.30  FNMNL編集部

今年ラッパーとして初のピューリッツアー賞を受賞するなど、前人未到の道をいくKendrick Lamar。彼のレーベルTDEのプロデューサーであるSounwaveが、Rollingstoneのインタビューで初めてKendrick Lamarのラップを聴いた時のことを振り返っている。

KendrickとSounwaveが初めて出会ったのは13年前のこと。当時17歳だった彼と当時19歳だったSounwaveはLA郊外のスタジオで出会い、一緒にセッションをすることになったという。

真剣そのものだったというKendrickに対しSounwaveはAaronの1977年の楽曲"Rock and Roll Gangster"をネタにしたビートをプレイしたと振り返っている。ビートを聴いたKendrickはすぐさまブースに飛び込み、ラップをスタートさせた。Sounwaveは「Kendrickが最初の数バースをラップしたあとに、スタジオにいた全員が動きをとめ、彼に見入っていた」と振り返る。2分間ラップしていたKendrickについてSounwaveは「おれがこれまで見た中で最もハングリーな人間だった。おれはビートをプレイするのを止めて彼の名前を聞いた」と評している。

この1年後にKendrickとSounwaveは、TDEの最初のスタジオで再会、お互いまた会えたことを喜んだという。そしてこの日KendrickはTDEのオーディションを受け晴れてメンバーになり、そこからドラマがスタートしたという。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE