山口情報芸術センターでgoat、悪魔の沼、パードン木村による共演イベント『NON-OPTIMIZED SOUND』が開催

山口情報芸術センター(YCAM)で開催されている、国内外の最先端のサウンド・アート、音楽表現を紹介するライブコンサートシリーズ「sound tectonics」の第21弾として『NON-OPTIMIZED SOUND』が7/21(土)に開催される。

今回出演するのはリズムが交差し共存しながらも続いていく、繰り返しのリズムアプローチへの探求を深めていっているgoat、COMPUMA、Dr.NISHIMURA、AWANOの3人によるクルーで4年ぶりの新作MIX『薬』をリリースした悪魔の沼、ソロ活動の他に、リアルタイムエフェクトエンジニア、シンセプレーヤー、プロデュース、レコーディングエンジニア、映画の音響効果なども手がけるパードン木村の3組。

それぞれ一様にカテゴライズできない、明確なビジョンと突出したオリジナリティを持ったミュージシャンで、深みを目指し、強度ある音楽を試みる彼らのステージを、YCAMの音響環境で楽しむことができる。

Info

sound-tectonics

sound tectonics #21
NON-OPTIMIZED SOUND

開催日時:
2018年7月21日(土)16:00開演

会場:
山口情報芸術センター[YCAM]スタジオA

料金(全席自由):
前売 一般2500円/any会員2000円/特別割引2000円/25歳以下1500円
当日 一律3000円

チケット発売日:
6月2日(土)

RELATED

【座談会】goat、悪魔の沼、パードン木村 | 山口県YCAMで語る「東京以外の話」

日本のメディアアートを牽引してきた山口県山口市のアートセンター「山口情報芸術センター(YCAM)」。そこではライヴコンサートシリーズ「sound tectonics(サウンド・テクトニクス)」が定期的に行われ、本誌に馴染みのあるアーティストでは、tofubeats、鎮座DOPENESS、環ROY、stillichimiyaなどが過去に出演した。

COMPUMAによる名物企画『COMPUMA 7 HOURS LOFT』が開催 | パードン木村、エマーソン北村、DJ 2741なども出演

COMPUMAが不定期で開催してきたパーティー『COMPUMA 7 HOURS LOFT』が、6/10(日)に恵比寿・LIQUIDROOM2階のTime Out Cafe & Dinerで開催される。

電子音楽シーンの鬼才ShackletonがAnikaとのバンドセットでWWW & WWW Xのアニバーサリーシリーズに登場

アフロ的なリズムをダークな電子音楽のフォーマットに持ち込む鬼才Shackletonが、ボーカリストのAnikaと共にリリースした新作を携え、渋谷WWW & WWW Xのアニバーサリーシリーズに登場する。 Shackletonが出演するのは10/14。今回はバンドセットでの新編成を初披露...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。