和田アキ子による"Uptown Funk"カバーが7インチでリリース決定

今年歌手デビュー50周年を迎えた和製R&Bの女王和田アキ子。新旧のグラミー受賞曲をカバーしたアルバム『WADASOUL COVERS~Award Songs Collection』から、Mark RonsonがボーカルにBruno Marsを迎えた大ヒット曲"Uptown Funk"のカバーが7インチでリリースされることになった。

原曲のパーティーなディスコ・グルーヴはそのままにソウルフルでパワフルなこれぞ和田アキ子といったボーカルが乗った強烈なカバー。A面にはDJユースのイントロから始まりファンク愛に溢れるシャウトを聴かせる中盤ブレイク・パートなどで構成されたエクステンデッド・バージョンを収録し、B面にはこちらもCD未収録となるインスト・バージョンがオン。レッド・カラー・ヴァイナル仕様の限定盤となっている。

Info

JS7S202

和田アキ子『 Uptown Funk(Extended Version) 』
発売日: 20​18年8月1日(水)
価格: ​1,700円+税
レーベル:​JET SET
品番: ​JS7S202
形態: ​7"
収録曲:​
Side A
1. Uptown Funk (Extended Version)

Side B
1. Uptown funk (Instrumental)

​■JET SET Online Shopにて予約受付中​

https://www.jetsetrecords.net/i/826005463429/

 

RELATED

【ライヴレポート】『LIVE in JAPAN 2018 星野源 × MARK RONSON』| 国境を越えて共鳴するモダンなポップミュージック

星野源とマーク・ロンソンのダブルヘッドライナー公演「LIVE in JAPAN 2018星野源×MARK RONSON」が12月17日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催された。

Kodak BlackがBruno Marsと共にスタジオ入りしていることが明らかに

今月の半ばに、8ヶ月間の服役を終えて釈放されたKodak Black。自由を手に入れて間も無く新しいミュージックビデオの撮影に取り組んでいることも報じられていたが、そんな彼が今回言わずと知れたスターであるBruno Marsと共にスタジオに入っていることが明らかになった。

DiploとMark RonsonによるコラボプロジェクトSilk Cityのデビューシングル"Only Can Get Better"が公開

共にDJやプロデューサーとしても世界トップクラスの人気を誇るDiploとMark RonsonによるコラボプロジェクトSilk Cityが、デビューシングル"Only Can Get Better"を公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。