6ix9ineが無免許運転で逮捕される

様々な法的トラブルを抱える6ix9ineは毎週のようにスキャンダラスな出来事の当事者となっているが、今度は無免許運転で地元のNYで逮捕されてしまった。

Page Sixによれば6ix9ineは、駐車場で消火栓の前に車を駐車しており、警察が身分証明を求めたところ彼は免許証などを携帯しておらず、警察がチェックしたところ彼の免許証はライセンス切れしており、逮捕された。

また警察によれば連行される際に6ix9ineは、警官の腕を強く掴んだということで、警察に対する暴行の容疑も加わったという。

ここ数週間でも6ix9ineはNYのクラブへの出入禁止や、ヒューストンでの16歳の少年に対する暴行などにも問われており、度重なる他のラッパーとのビーフと共にトラブルが頻出している。

 

RELATED

6ix9ineが利益相反によりチームから外されていた弁護士を取り戻す

昨年11月に9つもの罪で連邦当局によって逮捕された6ix9ine。先月では、捜査に協力的な姿勢を見せていることで減刑され、保護観察処分に置かれる可能性が浮上しているなど裁判の風向きが変わってきているが、今月さらに彼にとって良いニュースが舞い込んだ。

Fat Joeが「6ix9ineと一緒に写真を撮るくらいなら俺はその前に死ぬ」と語る

現在9つの罪に問われ拘留中の6ix9ineだが、彼に対しては先日のNipsey Hussleや、Snoop Dogg、50 centなど多くのラッパーが批判的な意見を浴びせかけている。Fat Joeもその一人のようで「6ix9ineと一緒に写真を撮るくらいなら、俺はその前に死ぬ」と過激な言葉を6ix9ineに投げかけた。

Nipsey Hussleが6ix9ineについて「社会はあんなピエロに反応するべきじゃない」と語る

9つもの罪で拘留され、度々問題行動を起こしてきたことで知られる6ix9ine。そんな彼を、LAのラッパーNipsey Hussleが一刀両断している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。