映像作家・Vincent Moonが再来日し共演を熱望した牧野貴と共にイベントを開催

CULTURE  2018.05.19  FNMNL編集部

パリ出身のフィルムメーカーのVincent Moonは昨年末に来日公演を大きな反響を呼んだ。

遊牧民のごとくカメラひとつで世界を旅し、現地の伝統音楽から宗教的な儀式、新しい実験音楽までを幅広く探求し映像を制作してきた彼が、6/11(月)に東京・原宿のVACANTで再びイベントを開催する。

2019年の実施を目指し、日本における魂を震わせる表現を記録する旅、HIBIKIプロジェクトの準備をしているVincent Moonは、今回Priscilla TelmonとのLIVE CINEMAと共に、Vincent自身が共演を熱望した牧野貴も出演しこの夜のために特別に用意したプログラムをお届けする。

自然現象や人間、街など既成のオブジェクトを、フィルムやビデオなど様々なフォーマットで撮影、編集段階において重層化して構築する牧野の作品は世界的にも高い評価を受けている。

IMG_7625
牧野貴

Info

flyer_kari_web

FOUNDLAND feat. VINCENT MOON + Takashi Makino

2018年6月11日(月)@ VACANT
18:30 open / 19:00 start
前売 3,500yen / 当日 4,000yen(+1D別途)

出演:
Vincent Moon & Priscilla Telmon

牧野貴

音響:福岡功訓(Fly sound)

予約:右記予約フォームをご利用いただくか、件名を「FOUNDLAND」とし、
本文に「お名前/人数/希望公演日/ご連絡先」を記入の上、foundlandjp(at)gmail.comまでメールをご送信ください。
自動返信メールの受信をもってご予約とさせていただきます。
3日以内に返信が無かった場合、恐れ入りますが、ご再送をお願いいたします。

MUSIC

FASHION

CULTURE