YouTubeが新たな音楽ストリーミングサービスを来週の火曜にローンチ

YouTubeが来週の火曜日に新たな音楽ストリーミングサービスYouTube Musicをローンチすると発表した。

YouTubeといえば、全世界に視聴者を抱える動画配信サービスだが、今回そのYouTubeがSpotifyやAppleMusicに真っ向勝負を挑む形となる。

この新サービスはその他のストリーミングサービスと同じように、最初は無料のお試し期間を設け、その後は月額$9.99(約1000円)の会員制となるとのこと。

YouTubeのオフィシャルブログによると、このサービスでは曲の題名がわからなくても歌詞などからリスナーが探している曲を発見する機能があるようで、この機能は他の音楽ストリーミングサービスにはない点だ。

今まで、YouTubeには有料版のビデオストリーミングサービスYouTube Redがあり、YouTube Musicはその一部だった。しかし今回の分離によって月額$11.99(約1200円)を支払ってYouTube Redの会員になる人は、どちらのサービスも利用できるようになる。そして、YouTube Redはこれを機に、音楽とビデオ両方をカバーするYouTubeのサービスということでYouTube Premiumへと名前が変わる。つまり、2ドル多く払えば動画サービスも楽しめるというわけだ。

ちなみにこれまでのGoogle Play MusicはYouTube Musicにリプレースされるとのこと。YouTube Musicは最初、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、そして韓国などの国を対象としてリリースされ、そこからヨーロッパ各国に展開されるようだ。

この新たなサービスによって、ストリーミング業界はどう変容するのだろうか。

RELATED

ミュージシャンは音楽業界全体の売り上げのうち12%を得ていることが判明 | 変わりつつある産業構造

先日、2018年上半期のアメリカにおける音楽の売り上げのうち、ヒップホップが2年連続で全体1位のシェアを獲得したことを取り上げたが、実際のところ、その売り上げはどのくらいの割合でアーティストに還元されているのだろうか?

ストリーミングで儲かるアメリカのメジャーレーベル|ユニバーサルとソニーは1時間毎に50万ドルの収益をあげていると判明

『Music Business Worldwide』がユニバーサルミュージック(UMG)とソニーミュージックの今年の上半期の決算結果を分析した。今年1月~6月の2社のストリーミングによる収入の合計は2600億円以上。計算すると1時間ごとにストリーミングだけで5500万円以上の収入を得ていることになる。

ヒップホップとR&Bの売り上げがアメリカでさらに拡大 | ロックを引き離し売上全体の31%のシェアを獲得

データ調査会社のニールセンが、2018年上半期のアメリカにおける音楽売り上げデータを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。