『デッドプール2』のサントラからDiplo、Lil Pump、French Montana、Zhavia Wardによるコラボチューンがリリース

6/1(金)に日本でも公開される映画『デッドプール2』のサントラから、Diplo、Lil Pump、French MontanaにZhavia Wardが参加した楽曲"Welcome to the Party"がリリースされた。

映画のサントラらしい豪華な組み合わせが実現したこの楽曲は、DiploとValentino Khanによるバンギンなトラックの上でLil PumpとFrench Montanaの軽快な掛け合い、Zhavia Wardによるセクシーなボーカルが堪能できる1曲となっている。

また公開されたビデオは主人公のデッドプールがダンサーのムーブをするという内容だ。無責任なヒーローデッドプールの活躍を描く映画『デッドプール2』は6/1(金)から公開される。

http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

RELATED

A$AP RockyがR. Kellyの騒動について「彼は病気と戦っていかなきゃいけない」とコメント

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』が放送されて以降、音楽業界の内外から強く批判を受けているR. Kelly。彼の音楽を聴くことをやめ業界から追放しようとするムーブメント「#MuteRKelly」も盛り上がりを見せる中、A$AP Rockyが独自の見方を示している。

Lil Pumpが新曲の歌詞でのアジア人差別を謝罪

新曲“Butterfly Doors”の一節にアジア人を差別するようなラインがあるとして、物議を醸していたLil Pump。これを受け、Miyachiがリアクションを行い、中国のラッパー達が続々とディス曲を発表したのは記憶に新しい。

Lil Pumpによるアジア人差別発言を受けて中国のラッパーが続々とディス曲を発表

先日Lil PumpがTwitter上でプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するようなリリックと「Ching Chong」というアドリブが含まれていることが問題となっている。日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがこの件に対してリアクションを行なったことも取り上げたが、中国からはラッパーたちによってLil Pumpのディス曲が続々と発表されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。