ウェス・アンダーソン最新作『犬ヶ島』の公開を記念して『グランド・ブダペスト・ ホテル』のメイキングブックが軽装版で再登場

ウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、5/25(金)に日本で公開されるのを記念して、前作『グランド・ブダペスト・ ホテル』のメイキングブックが軽装版で再登場することになった。

この書籍は2016年12月に発売後、即完売となり復刊のリクエストの声があがっていた。

gmnhpdjnlboonoin

kocpiejmpognkfcg

本書では、ウェス本人が本作を含む作品づくりについて語っており、さらに影響を受けた映像作品を紹介・解説するコーナーも。主演のレイフ・ファインズをはじめ、音楽・衣裳・撮影など、アカデミー賞受賞に導いた豪華スタッフ陣への取材も行っている。

kcbicnlohjagamgp

mnijanlcfmkfdlkp

他にも偉大な映画理論家デイヴィッド・ボードウェルをはじめ批評家たちによる論考も掲載している同書、『犬ヶ島』の公開日である5/25(金)に発売される。

Info

odpehphnlefamnoh

『ウェス・アンダーソンの世界
グランド・ブダペスト・ホテル
[Popular Edition]』

マット・ゾラー・サイツ [著]
篠儀 直子[訳]

A4変型/並製/256頁・オールカラー
定価:本体3,600円+税
ISBN 978-4-86647-067-2

http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK221

RELATED

中原昌也が新作小説とOMSBや曽我部恵一、やくしまるえつこなども参加したトリビュート作品集の2冊を同時刊行

文学、映画、音楽、美術とジャンルを横断しながら活動している中原昌也が、作家デビュー20周年を記念して、最新小説『パートタイム・デスライフ』、トリビュート作品集『虐殺ソングブック remix』の2冊を3/26(火)に同時刊行する。

DESCENDENTSの7年ぶりの来日を記念してドキュメンタリー映画『FILMAGE:THE STORY OF DESCENDENTS/ALL』の特別公開が決定

70年代末から活動を開始し、80年代のハードコア期、90年代以降のメロコア時代と40年以上に活動を続けてきたバンドDESCENDENTS/ALL。

DyyPRIDEが檀廬影として作家デビュー | 4月に『僕という容れ物』を刊行

元SIMI LABのメンバーであるDyyPRIDEが、檀廬影(ダンイエカゲ)名義で作家デビューをすることがわかった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。