Childish Gambinoが"This Is America"は独立記念日に聴いてほしいと語る

FNMNLでも度々取り上げているChildish Gambinoの新曲"This Is America"だが、Gambino自身はこの曲のリリース後は、メディアなどのインタビューには登場していない。ただGambinoはMet Galaに出席した際のみ、公の場で同曲についてのコメントを行っている。

Met GalaのレッドカーペットでE!の取材に答えたGambinoは、同曲について聞かれ「おれはただ良い曲が作りたかったんだ、あとみんなにはこの曲を7/4(独立記念日)に聴いてほしいんだ」と述べている。

"This Is America"というタイトル通りに、アフリカ系アメリカ人の状況を様々な要素を入れつつ、描いたこのミュージックビデオ。Gambinoとしては現代のアメリカを象徴する1曲として、独立記念日に聴くべきだと発言したのだろうか。

同曲をめぐってはGambinoのクリエイティブディレクターやビデオのコレオグラファーが発言を行っている。

RELATED

Childish Gambinoの"This Is America"以来となる新曲はサマーチューン

今春リリースしたシングル"This Is America"が大きな話題となっているChildish Gambinoが、同曲以来となるEP『Summer Pack』をリリースした。

"This is America"に盗作疑惑 | Childish Gambinoのマネージャーは否定

Childish Gambinoの”This is America”がついにYoutubeで3億回再生を突破した。早くも今年を代表する1曲となりそうな”This is America”だが、最近この曲の盗作疑惑がネットで噂されている。Jase Harleyによる”American Pharaoh”のフロウとビートを盗用していると多くのファンが糾弾しているようだ。

Chance The Rapperのチャリティー団体Social Worksによる高校生限定イベントにChildish Gambinoが出演し大熱狂となる

Chance The Rapperが主宰するチャリティー団体Social Worksが、地元シカゴで高校生限定のイベントを開催、Chance The Rapperと共にChildish Gambinoがサプライズで登場し、大熱狂となる一幕があった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。