Childish Gambinoの"This Is America"のミュージックビデオのプロデューサーがビデオの目的は黒人の経験を標準化することだと述べる

その衝撃の余波が収まりそうにもないChildish Gambinoの新曲"This Is America"のミュージックビデオ。同曲については昨日コレオグラファーのSherrie Silverが語るビデオ制作の裏側を紹介したが、Gambinoのクリエイティブディレクターを務め、ビデオのプロデューサーの1人であるIbra Akeが、ラジオ局 WNYCのインタビューに登場。制作の意図について話している。

Akeは黒人のクリエイターの自分たちの主張は、白人中心の構造になっているメディアでは疎外化されており、これまで作られてこなかったようなものを作ることにチャレンジしたと述べている。

さらにAkeは、「ビデオでは黒人の感情、暴力的な感情を、楽しい感情に還元している」と、ビデオ内の享楽的にみえるダンスシーンは、暴力的な感情と紙一重であることを示した。またAkeはビデオ内のショッキングな殺害シーンの記憶は、「黒人として生きる限りトラウマとして刻み付けられている」ものだとも話している。

Akeは南アフリカのダンスなどがビデオでフィーチャーされていることについて、「私たちのゴールは黒人の経験を標準化するもので、それを編集し見せようとは思っていなかった」と述べている。政治性や黒人の歴史などをコンテクスト化し、他者に説明するものではなく、「私たちがただ存在すること、私たちが、人間として検閲されずに存在するのを見せること」を目的にしたミュージックビデオであると、Akeは語った。

Akeの言葉をそのまま受け取ると、このビデオから読み取れるコンテクストは副次的なものであり、重要なのは黒人の身体性や存在のこれまでにない表出であるということになる。"This Is America"のビデオは関係者の発言によりさらに様々な議論が喚起されていきそうだ。

RELATED

Coachellaが今年のラインナップを発表 | Childish GambinoやTame ImpalaがヘッドライナーでPerfumeやBLACKPINKも出演

アメリカ最大級のフェスの1つ、Coachellaの今年のラインナップが発表された。4/12~4/14と4/19から4/21の2週間連続で同じラインナップで開催されるCoachella、今年は期待されていた通りにChildish Gambinoがヘッドライナーを務め、他の2日はTame ImpalaとAriana Ggrandeがヘッドラインで出演する。

Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

Donald GloverとRihannaによる映画『Guava island』の予告編の一部が公開 | 監督はヒロ・ムライ

RihannaとDonald Glover a.k.a. Childish Gambinoの二人がキューバで映画を制作しているという噂が以前より存在していたが、その映画の全貌が明らかになりつつあるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。