Rich The Kidが「フレックスするのに疲れた」と泣く

過激さを増す、ヒップホップシーンの煽りあい。勢いのある若手ラッパーでもさすがに無理がたたるのだろうか、Rich The Kidが本音を漏らしている。

現在Lil Uzi Vertと絶賛ビーフ中のRich The Kidだが、そのプレッシャーもあるのだろうか。Rich The KidはInstagramのストーリーに、飛行機に乗る自身の姿をアップ。いつものようにフレックスをするかと思いきや、神妙な面持ちで「フレックスするのに疲れた、ずっとやるのは疲れたよ」と弱音を吐き、涙を流している。そして、そのストーリーをHot New Hiphopに拡散されてしまった。

いつもカッコよく自分を見せつける姿はかっこいいかもしれないが、たまにはこうした弱い姿を見せてくれた方が、人間的でファンも身近に感じられるかもしれない。彼は以前にもファンの厚いサポートに涙を流したことがあり、今回の件でさらにファンが増えるかも。

RELATED

Rich The Kidが以前所属していた300 Entertainmentへの怒りを表明

昨年、ソロアーティストとしてInterscope Recordsと新たな契約を結んだRich The Kid。かつて在籍していたレーベル300 Entertainmentとの契約に不満を抱えていた彼は、晴れて移籍を果たした訳だが、それでもなお怒りは収まらないようだ。

Lil Uzi VertとRich The Kidがスターバックスで乱闘騒ぎを起こす

Rich The Kidのレーベルへの参加オファーをLil Uzi Vertが断ったことにより発生した両者のビーフは、ついに曲だけではなくフィジカルの争いになってしまった。

Rich The Kidが“Who Run It”のビートでLil Uzi Vertをディス

いまだにビーフが続いているRich The KidとLil Uzi Vertにまた新たな動きがあった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。