ShureのDJ用カートリッジが今夏で生産終了へ

MUSIC  2018.05.01  FNMNL編集部

クラブでプレイするDJの定番カートリッジとして愛されてきたM44-7などを含むShureのフォノグラフカートリッジが、今夏で生産終了されることがわかった。

これはShureが自身のHPで発表したもので、生産終了の理由として高品質の商品を作り続けるために必要な「Shureの厳しい基準を維持することが困難になっており、その結果、コストや納入という点でShureブランドへのお客様の期待に応えることができなくなってまいりました。このような状況を踏まえて、検討に検討を重ねた結果、2018年夏よりShureフォノ製品の生産を終了するという苦渋の決断をするに至りました」とコメントを発表している。

さらに「厳しさを増す状況の下で生産を続けるよりも部門を閉鎖することが、「Shureフォノ」の輝かしい歴史を守る上で最善の方法であるとの結論」に至ったとも付け加えており、フォノグラフカートリッジの長い歴史に終止符が打たれることになった。

Shureのフォノグラフカートリッジは、スクラッチなどのハードなテクニックにも耐えられるカートリッジとして、世界中で多くのDJに愛されてきたアイテムだ。

MUSIC

FASHION

CULTURE