Questloveもトランプ支持を表明するKanye Westを批判 | Frank OceanもMessageを送る

ここ数日はTwitter上でトランプ大統領を支持する発言を連発し多方面から批判を集めているKanye Westだが、その件についてThe RootsのQuestloveが失望を露わにしている。

BuzzFeedのインタビューにおいてKanyeがTwitterを再開したことについて尋ねられたQuestloveは、「彼は白人至上主義者の大統領を信奉していて…もう俺には何も言えない」と答え、「最初にあれを見たとき、俺はTwitterともう縁を切ろうかと思った。嫌な物を見た。」と続けている。

QuestloveはTwitterというもの自体に対して懐疑的なようで、「Twitterではみんないつも同じような決まり文句で話すし、こういったことに対して何も言えなくなる。Twitterは人々を狂わせるんだ。」と発言している。

Kanyeに対して失望しているのはQuestloveだけではないようで、例えばFrank Oceanは自身のTumblr上にKanyeがジョージWブッシュ大統領を批判した際の画像をポストした。

2018-04-27 15.18.06

Kanyeはかつてハリケーンカトリーナがアメリカを襲った際のテレビ中継に出演し、そこでブッシュ大統領を「彼は黒人のことを何も考えていない」と批判しており、Frank Oceanはその時のKanyeの意見と現在の彼の立場が矛盾していることを皮肉っているようだ。
Kanyeはそのような批判をよそに、現在もポジティブに生きることと自由な思考を呼びかけるような投稿を連投し続けており、しばらくの間彼の暴走が止まらないであろうことを予感させる。彼の「自由な思考」はこれからどこに向かっていくのだろうか?

RELATED

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

Kanye WestがアーティストJames Turrellに10億円の寄付を行うと発表

光をテーマとしたインスタレーションで世界的に知られているアメリカのアーティストJames Turrellに、Kanye Westが多額の寄付を申し出たことが話題となっている。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。