Post Maloneがニューアルバム『Beerbongs & Bentleys』をドライバーにチップとしてプレゼント

本日4月27日にアルバム『Beerbongs & Bentleys』をリリースしたPost Maloneだが、彼の新作を幸運にも一足早く聴けたファンがいたようだ。

Post Maloneは自身のファンであるというドライバーになんと新作をチップとして渡していたようで、そのドライバーが運転する車に乗り合わせたゲームデザイナーのJohn FuntanillaがTwitterに彼と二人で未発表の音源を聴いている様子をポストしている。

そのトラックはタイトル等は明かされていなかったが、ファンが検証していったところどうやらYGとG-Eazyがフィーチャリングされている“Same Bitches”という曲のようで、YGも後にそのツイートを目玉の絵文字と共にリツイートしている。

このエピソードからはPost Maloneの気さくな人柄が窺える。このような形でも話題となったアルバム“Beerbong & Bentleys”は大ヒットを記録した“Rockstar”や“Psycho”が収録されている他、Nicki MinajやSwae Leeなど豪華なゲストを迎えて制作されており、今後も2018年のヒップホップシーンにおいて大きなトピックになっていくと言えるだろう。日本でも本日よりApple MusicSpotifyといったストリーミングサービス上で公開されているので、チェックしてみてはいかがだろうか。

RELATED

ファンによってPost Maloneの古いSoundCloudアカウントが発見される

現代のヒップホップシーンにおいて語るにあたり、欠かせないのがSoundCloudから成り上がったラッパー、いわゆるSoundCloudラッパーだ。SmokepurppやJuice WRLDなど今ではシーンの中心を担うラッパーの多くがSoundCloud出身である。

Rita OraのPost Maloneの仮装の写真がPost Malone本人として記事に使われる

昨年のハロウィンも、セレブ達がクオリティの高い仮装を披露し非常に盛り上がったのは記憶に新しいところだが、その中でも一際目立ったのがRita OraのPost Maloneの仮装である。

Post Maloneが「もはやジャンルは存在しない」と語る

ヒップホップ、トラップやオルタナティブロックなど様々なジャンルが融合したようなスタイルで確固たる人気を築いているPost Malone。大ヒットアルバム『beerbongs & bentleys』がグラミー賞2019のラップアルバム部門の候補から外れたように彼の音楽のジャンル分けはしばしば議論の対象になるが、そんな彼が「音楽ジャンル」という物に対する持論をHITS Daily Doubleのインタビューにて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。