Fitz Ambro$eとSubmerseによる80'sからインスパイアされたコラボ作『Villa Rosa』が5月にリリース

東京を拠点に活動するビートメイカーFitz Ambro$eとSubmerseによるコラボ作『Villa Rosa』が、レコードとデジタルで5月にリリースされる。

タイトルになっているVilla Rosaは、渋谷区にある1969年に建設されたビルの名前で、Villaという名前がつけられた建物は1964年〜1988年まで8棟建てられており、東京のデザイナーマンションの先駆けと言われている。

Fitzu
Fitz Ambro$e
Submerse
Submerse

今回の作品はそのVillaシリーズの建造物の名前が曲名になっており、サウンド的にも80年代のレイドバックした甘いサウンドが展開されている。当時の最先端のデザインが投影された建造物の曲名がつけられた、この15分のサウンドトリップにより、まるで当時の東京にタイムスリップしたような感覚に陥ることができる。ちなみにVilla Rosaは、Fitz Ambro$eとSubmerseの家の間にあるようだ。

このアーバンなビート作品は現在レーベルのBandcampページで10インチレコードとデジタル版の予約を受け付け中で、トレイラーも視聴可能だ。

Info

Villa

アーティスト:Fitz Ambro$e / Submerse

タイトル:Villa Rosa

Run Time : 15:00

品番:BRRWD 008

レーベル : BRRWD/Jakarta

フォーマット:10"(レコード)

発売日:5月下旬入荷予定

税抜販売価格:2,160円(税込)

-Track List-
1. Fresca
2. Moderna
3. Bianca
4. Gloria
5. Serena
6. Sapienza
7. Piccolina (feat. Devin Morrison)

https://brrwd.bandcamp.com/album/villa-rosa

http://diskunion.net/clubh/ct/detail/1007646296

RELATED

Jazzy Sport Kyotoで新パーティーがスタート | 1回目にはFitz Ambro$eやPhennel Kolianderなども出演しエントランスフリーで開催

今年の3月にオープンし良質な音楽と極上のマグロ丼を提供しているJazzy Sport Kyotoを舞台にした新パーティーがスタートする。

Fitz Ambro$eを招きCIRCUS OSAKAで『Drawing』が開催

BudamunkやSubmerse、5lack等と共に楽曲をリリースし、昨年はONRAとのレーベル”NBN Records”を始動させたカナダ出身のアーティストFitz Ambro$e が、8/3(金)にCIRCUS Osakaで開催されるイベント『Drawing』でライヴセットを披露する。

Fitz Ambro$eのレーベルPBMから自身のビートアルバムとGradis Niceによるミックスがリリース

東京を拠点に活動するカナダ出身のビートメイカーFitz Ambro$eが運営するレーベルPBMから、Fitz Ambro$e自身のビートアルバムとGradis Niceによるミックスがリリースとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。