Lil PumpがLeanを止めることはないと前言撤回

Lil Pumpは今年に入り、Xanaxをはじめ全てのドラッグをやめると2月に宣言していたが、その真意はわからないまま。しかし、Lil PumpがLeanを手放すのはまだ先になりそうだ。

Lil Pumpは「Xanaxはやらない。2018年はドラッグはなしだ」と、2月に宣言している。その宣言を最後にドラッグについては触れていなかった。

先日Lil Pumpは自身のInstagramのストーリーにて「カップを蹴る前に自分のおじいちゃんの首を蹴る」と発言した。

#LilPump says he’s never quitting #Lean ? • @lilpump ?

RapCatchUp ??‍♂️⬆️さん(@rapcatchup)がシェアした投稿 -

これは事実上のLeanをやめることはないという宣言で、2ヶ月も経たないうちにPumpの禁ドラッグ生活は公にも終了してしまった。

Pumpの盟友のSmokepurppは、自身の作品がキッズに与える影響がわかり、「悪影響があることは歌わないようにする」と述べていたが、まだ自身がキッズのPumpはその辺りはまだ無頓着のようだ。

最近、Lil PumpはラッパーJ.Coleの最新作『KOD』に収録されている"1985 -Intro to The Fall Off"で批判されている。上記の投稿は、『KOD』のリリース後に投稿されたもの。Lil Pumpは、J.Coleの批判に軽く返答している。

 

RELATED

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

Lil Pumpがインタビューで「Bruno MarsやLady Gagaと曲を作りたい」と語る

Adam 22による人気Podcast番組「No Jumper」から、Lil Pumpのインタビューが公開された。Lil Pumpの家を訪ね様々な質問を行なっていくなかで、彼が今後コラボレーションしたいと考えているアーティストが明らかになった。

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

ことヒップホップやクラブミュージックはドラッグの描写と切っても切り離せないカルチャーであり、薬物の所持、使用で逮捕されるアーティストは数え切れないほど存在する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。