SOIL&"PIMP"SESSIONSが三浦大知をフィーチャーした"comrade"のミュージックビデオを公開

SOIL&”PIMP”SESSIONSが5/9(水)にリリースする2年ぶりのフルアルバム『DAPPER』から、リード曲"comrade feat. 三浦大知"のミュージックビデオを公開した。

同曲はかねてから親交が深い三浦に、Soilが熱烈なオファーをしたことで実現した楽曲で、作曲はSoilの社長が担当し、作詞は三浦大知が行った。Spikey Johnが制作したミュージックビデオは、ソウルフルでメロウな大人のダンスミュージックにふさわしい内容に。同曲は本日からApple MusicやSpotifyで先行配信がスタートしている。

アルバム『DAPPER』には、"comrade feat. 三浦大知"など全14曲を収録、ジャズを基軸に、ヒップホップやR&B、ダンスミュージックが交差した作品になった。フィーチャリングにはRADWIMPSの野田洋次郎をはじめ、EGO-WRAPPIN’、Awich、Shun Ikegai(yahyel) & Kiala Ogawa(Kodäma)、Nao Kawamuraそして、三浦大知がラインナップ。

SOIL&”PIMP”SESSIONSは同作のリリース全国ツアー「SOIL&”PIMP”SESSIONS TOUR 2018”DAPPER」は6/8日(金)の札幌cube gardenを皮切りに全国9ヶ所9公演を予定。さらに、5/10(木)には即完売となったアルバムのリリースパーティー「DAPPER ONE」を東京・WWWXで開催する。

Info

DAPPER_tsujo

SOIL&”PIMP”SESSIONS
ニューアルバム
『DAPPER』
2018年5月9日(水)リリース
初回盤CD+DVD:VIZL-1327 ¥3,600+Tax
通常盤CD : VICL-64953 ¥2,900+Tax

<CD収録曲>
01. A New Day
02. Heaven on Earth feat. Awich
03. Explorer
04. comrade feat. 三浦大知
05. Deform Reform
06. Bond
07. Interlude
08. ユメマカセ feat. Yojiro Noda
09. Drivin' feat. Nao Kawamura
10. Dusk
11. Glitch feat. Shun Ikegai from yahyel & Kiala Ogawa from Kodäma
12. Pride Fish Ball
13. Method
14. drifter feat. EGO-WRAPPIN’

<初回盤DVD収録内容>

●「LIVE SESSION at Little Nap MUSIC STAND」

1. Awesome Knowledge

2. Heaven on Earth feat. Awich

3. A New Day with Takeshi Kurihara

●「ユメマカセ feat. Yojiro Noda」ミュージックビデオ

【ライブ情報】
SOIL&”PIMP”SESSIONS
TOUR 2018”DAPPER”

<リリースワンマンライブ「DAPPER ONE」>(SOLD OUT)
2018年05月10日(木) 東京・渋谷WWWX OPEN 18:00 / START 19:00

<TOUR 2018”DAPPER”>
2018年06月08日(金) 北海道・札幌cube garden
2018年06月15日(金) 福岡・福岡イムズホール
2018年06月16日(土) 岡山・岡山 YEBISU YA PRO
2018年06月17日(日) 広島・広島CLUB QUATTRO
2018年06月21日(木) 宮城・仙台darwin
2018年06月23日(土) 静岡・浜松Live House 窓枠
2018年06月28日(木) 愛知・名古屋ボトムライン
2018年07月08日(日) 大阪・味園ユニバース

以上、チケット発売中
前売り¥4,500 (ドリンク代別)

2018年08月01日(水) 東京・中野サンプラザ

座席指定 前売り¥5,500
アルバム『DAPPER』に中野サンプラザ公演先行予約抽選詳細、封入

RELATED

【レビュー】三浦大知『球体』の衝撃 | 新たなリスナーにまで訴えかける、ポップスの傑作

三浦大知が7月11日にリリースしたニューアルバム『球体』が話題を呼んでいる。世界的なモード――すなわち、アンビエントR&Bであるとか、あるいはEDM以降のダンス・ミュージックを消化しきったうえで、日本語のポップスとしての高い完成度を見せつけた本作は、三浦大知の底力をリスナーに再確認させるに充分な傑作だ。

【特集】三浦大知 『BEST』| 三浦大知のビートヒストリー

わたしたちが三浦大知の存在を知るのは、三浦大知が9歳の1997年、Folderのデビューシングル”パラシューター”がリリースされたときである。三浦大知の並外れたヴォーカルは、多くの人を驚かせた。さらに言えば、総勢7人のメンバーの中心で若々しくのびやかなヴォーカルとダンスを披露した三浦は、明らかにJa...

ミュージック・マガジン3月号で「三浦大知」と「アジアのヒップホップ最前線」を特集

雑誌・ミュージックマガジンが本日発売された3月号で三浦大知とアジアのヒップホップ最前線を特集している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。