Lil Yachtyが自分はマンブルラッパーではないと主張する

先日Lil Yachtyは、自身について「同世代の75%のラッパーよりラップが上手い」と主張し話題になっていた。SmokepurppがYachtyは過小評価されていると擁護したり、これまでラップがあまり上手くないと思われていた彼に対する風向きが変わってきている。

そうした状況に対して本人も自覚的なのだろうか、Yachtyはこれまで自身が言われてきたある称号を否定した。

VladTVの動画インタビューに応えたYachtyは、自身がマンブルラッパーの象徴と捉えられていることに対して、それは自身がこれまでインタビューをこなしてきたからであり、他のラッパーがそうした質問に答えてないからと話している。

Yachty自身はマンブルラップについて話すのは退屈ではないが、自身はマンブルラッパーではないと認識しているようで、「おれの声は違う」と主張した。

マンブルラップについては先週、Chief Keefが「マンブルラップの発明者である」と主張しており、その意見が正しいか議論になっていた。

RELATED

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

Lil Yachtyが10人の友達とシェアハウスで暮らしていると明かす

Lil Yachtyはデビューしてから、着実にラッパーとしてのキャリアを歩み、今ではアメリカを代表する若手ラッパーの1人となったといっても過言ではないだろう。 しかし、リスナー達は忘れているかもしれないが、そんな彼もいまだ20歳の1人の若者なのだ。

Lil Yachtyが仮想通貨や株への興味を語る

Forbesの2017年版ラッパー長者番付で20位にランクインしたLil Yachtyが、 投資や仮想通貨への興味をVlad TVのインタビューで語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。