Kanye WestがNasのニューアルバムのリリースをアナウンス | オバマ元大統領との約束を守りKanye自身がプロデュースか

復活をとげたKanye Westは自身のソロアルバムとKid CudiとのユニットKids See Ghost名義のアルバムを6月にリリースする他に、自身がプロデュースを手掛けたPusha TとTeyana Taylorのソロアルバムも5~6月にリリースされると発表していた。

さらにKanyeは本日、以下のツイートを行っている。

Kanyeはツイートしたアルバムは全て自分がプロデュースを行っていると明かし、さらにもう1作関わっている作品があると匂わせ、次のツイートでNasのアルバムが6/15にリリースされるとアナウンスした。
先ほどツイート通りだとすると、このNasのアルバムもKanye自身がプロデュースしたものということになる。

KanyeがNasの作品を手掛けることについては、2016年にKanyeがすでに削除されたツイートで「オバマ大統領(当時)にNasの新作にビートを提供すると約束した」と明かしており、この約束を守る形となった。Nasのアルバムが6/15にリリースが決定したことで、5/25(金)のPusha Tから、6/22(金)のTeyana Taylorまで1ヶ月間連続でKanyeが関係する新作がリリースされることになる。早くもこの1ヶ月に大きな期待が集まっている。

RELATED

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

Kanye WestがアーティストJames Turrellに10億円の寄付を行うと発表

光をテーマとしたインスタレーションで世界的に知られているアメリカのアーティストJames Turrellに、Kanye Westが多額の寄付を申し出たことが話題となっている。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。