WWW Xのフロアライブシリーズ第1弾に空間現代、Ramza、行松陽介が出演

東京・渋谷のWWW Xでフロアライブシリーズ『FLOOR X #1』が6/13(水)に開催される。

普段は中々見れない至近距離でアーティストのパフォーマンスを体感できるこのシリーズ、第一回目にはユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを得意とする空間現代、ビートメイカーやコラージュ作家としても知られる名古屋の最も特異なアーティストRamza、関西を拠点に多くの海外DJやアーティストとの共演をほこるオリジナルなDJ、行松陽介の3組が登場する。

kukangendai_new
空間現代
_AA
Ramza
yukimatsu
行松陽介

なお本公演はフロアライブの為、チケットは枚数限定の販売となる。

Info

FLOOR X_フライヤー

2018年6月13日(水)
「FLOOR X  #1」
会場:WWW X
LIVE:空間現代 / Ramza
DJ:行松陽介
OPEN/START 19:30
ADV.¥2,500 / DOOR.¥3,000 (税込/ドリンク代別/オールスタンディング)
チケット一般発売日:4/29(日)
e+ / ローソンチケット / RA / WWW店頭
※フロアLIVEの為、枚数限定販売

 

RELATED

りんご音楽祭のキックオフパーティー名古屋編にSeiho、Campanella、RAMZAなど20組が出演

昨年の9月末に開催することが発表となった「りんご音楽祭2019」のキックオフパーティーが、5 月18 日(土)に名古屋で開催されることが発表。3月12日より前売りチケットの販売が開始された。

青函連絡船にて空間現代、YPY、ASUNA、Ken FURUDATEが出演する『八甲田丸サウンド/アートフェスティバル』

国内外で活躍するアーティストたちが青森県に集まる。

Mari SakuraiとMayurashkaによるパーティ『KRUE』がスタート

Mari SakuraiとMayurashkaによるパーティ“KREW”がWWWβにてスタートする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。