Jim O'Rourkeの46分1曲のニューアルバム『sleep like it’s winter』がfelicityの兄弟レーベルNEWHERE MUSICからリリース決定

2015年にリリースした『Simple Songs』が、国内外でも大きな話題となり新たなファンを獲得したJim O'Rourkeの新作『sleep like it’s winter』が、felicityの兄弟レーベル、NEWHERE MUSICから6月にリリースされる。

『sleep like it’s winter』は、46分1曲のインストゥルメンタル・アルバムとなっている。この数年で録り貯めたシンセ、ペダルスティール、ピアノなどの音を、精緻を極めた工芸品のように一つの作品へとまとめた内容となっている本作は、顕微鏡を覗き込み、かすかな輝きさえも掴み損ねないように、ある決定的な瞬間を46分の時間で表現しているような作品になっている。

電子的な軽音楽=エレクトロニック・ライト・ミュージックを標榜する新レーベルNEWHERE MUSICからリリースされる、本作は独自の価値観で作られたオリジナルな音楽でありつつもポップさを兼備しており、Jim O'Rourkeの次章の始まりにふさわしいものだろう。

Info

CoverRGB

Jim O'Rourke
『sleep like it’s winter』

2018.06.06 On Sale
PECF-1152 NWM-002
¥2,300+tax

RELATED

【アップデート】4/2に放送されたVINCENT RADIOのアーカイブが公開

日本のインターネットラジオの先駆けともいえるVINCENT RADIOが昨年12月以来の放送を4/2に行う。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。