KEIJUがメジャー第1弾シングル"Let Me Know"を5月にリリース | WONKとDIANを迎えたイベントも開催決定

KANDYTOWNのKEIJUが、ソニー・ミュージックレーベルズ移籍後の第1弾シングル"Let Me Know"を5月にリリースする。

KEIJUは昨年客演したtofubeatsの"LONELY NIGHTS"や Awichの"Remember"などで存在感を発揮、メジャー契約発表後の今年1月に行われた初のレジデント・パーティでも渋谷SOUND MUSEUM VISIONを満員に埋めるなど今後の動向が注目されていた。

5/16(水)にリリースされる"Let Me Know"は、KEIJUらしいメロディックなフローを駆使しながら彼ならではの力強いステートメントがこめられた楽曲になっている。トレンドのトロピカルなサウンドのトラックを手がけたのは、AKLOSALUJAZEE MINORへの提供でも知られるSALTWATERだ。

リリース発表と同時にクリエイティブ・アソシエーションCEKAIが手がけた新しいアーティスト写真も公開となった。

keiju_ap_1500px

また大阪BIG CATで5/6(日)に開催されるイベントNEVER STOP PLAYINGの東京公演の開催もあわせてアナウンス。5/25(金)に代官山UNITで開催されるこのイベントにはKEIJUに加え、WONKと、KANDYTOWNからDIANも出演、さらに今後追加出演者もアナウンスされる予定だ。オフィシャルサイトでのチケット先行販売もスタートしている。大阪公演に関しては、チケットは一般発売中となっている。

Info

 

1st配信シングル「Let Me Know」

配信日: 5月16日

※各配信プラットフォームでリリース予定

 

■イベント情報

「NEVER STOP PLAYING in TOKYO」

日程:5月25日(金)

会場:代官山UNIT

時間:OPEN18:30 / START 19:00

出演:KEIJU / WONK×DIAN(KANDYTOWN) / …and more

チケット:オールスタンディング 前売 3,500円/ 当日4,000円 ※ドリンク代別

一般発売日:4月28日(土)

お問い合わせ:代官⼭UNIT 03-5459-8630

イープラス/チケットぴあ/ローソンチケットなどで販売

 

オフィシャルサイト先着先行

期間: 4/18(水) 18:00~4/26(木) 23:00

http://eplus.jp/nsp_tokyo/

 

「NEVER STOP PLAYING」

5月6日 大坂・BIGCAT

OPEN 16:00 / START 17:00

出演:KEIJU / MUD(KANDYTOWN) / SALU / tofubeats

チケット:前売 4000円、当日5000円 ※ドリンク代別

一般発売中

お問い合わせ:YUMEBANCHI 06-6341-3525(平日11:00〜19:00) / www.yumebanchi.jp

 

RELATED

Ryohuの最新ミックステープ『Ten Twenty』からIO & KEIJUを迎えた"All in One (Remix)"のミュージックビデオ

昨年11月にリリースされたRyohuのミックステープ『Ten Twenty』から、IO & KEIJUをゲストに迎えた"All in One (Remix)"のミュージックビデオが公開となった。

MUDによるEP『VALUE THE PRESENT』が本日リリース | KEIJU、Gottz、BLAISEなどが参加

KANDYTOWNのメンバーでそのパワフルさと哀愁も感じさせるフロウに高い注目が集まっているMUDが、EP『VALUE THE PRESENT』を本日リリースした。

Ryohuの『Ten Twenty』ツアーの東京公演がKEIJUとのツーマンライヴとして開催

Ryohuが1年ぶりにリリースした新作『Ten Twenty』ツアーの東京公演の詳細が発表された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。