Kanye WestがTwitterでクリエイティブであるためのアドバイスを行う

Twitterに復帰し、絶好調でツイートを続けているKanye Westが、クリエイティブであるためのアドバイスを行っている。

Kanyeは「クリエイティブでいるためにはあなたのアイディアは最強の資本である」とアドバイスをスタートする。

アイディアを活かすためにもKanyeは自身の能力をどんなことがあっても守らなければいけないと続け、さらに自身のアイディアを活かしきれないような契約は避けるべきだと、具体的なアドバイスも行っている。

さらにKanyeは気晴らしは自身のビジョンの敵であると述べ、常に何かに集中する必要性を語る。

そして時には自身のクリエイティビティのためには、周りのすべてのものを取り除かなければいけないと強く主張する。

さらにKanyeは話を展開し、人がする行動はすべて愛か恐怖に基づいたものであり、恐怖に基づいたものは、人々を操作可能にするとKanyeは主張し、しかしすべての行動は愛に基づいたものであるべきで、チェスのように人を動かす人生ではなく、限りなく透明な人間であれと主張し、アドバイスを締めくくった。

Kanyeは現在哲学書を執筆中と言われており、先日のインタビューでも「水になりたい」と語っていた。これは今回のTwitter上での「透明でありたい」という主張と近いものがあり、彼の書籍はこうした彼の思考が刻み付けられたものになるのだろうか。

RELATED

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

Kanye WestがアーティストJames Turrellに10億円の寄付を行うと発表

光をテーマとしたインスタレーションで世界的に知られているアメリカのアーティストJames Turrellに、Kanye Westが多額の寄付を申し出たことが話題となっている。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。