SmokepurppとMurda Beatzによるコラボ作『Bless Yo Trap』がリリース

注目ラッパーのSmokepurppがデビューアルバムの前にリリースすると語っていた、ビートメイカーのMurda Beatzとのコラボ作『Bless Yo Trap』がリリースされた。

この作品からは"123"やLil YachtyとMigosのOffsetが参加した"Do Not Disturb"、A$AP Fergが参加した"Pray"など全10曲を収録している。

Murda BeatzはXXLとのインタビューで同作について、「ある夜に"123"をビートも0から作りあげて、"Do Not Disturb"もその夜に作り、他に7曲も0からその日に作った」とほぼ1日ですべての楽曲を完成させたと語った。

Murda BeatzとSmokepurppの相性の良さから一気に完成した『Bless Yo Trap』は、SpotifyやApple Musicで聴くことができる。

RELATED

Smokepurppの初来日公演が東京・大阪で開催 | MIYACHI、Awich & kZm、Jin Doggなどが共演

マイアミの新世代のシーンを代表するラッパーのSmokepurppの初来日公演が、9/27(木)に東京・Vision、9/28(金)に大阪・The Pinkで開催される。

Murda Beatzが「Type Beat」を作っていたと明かす

Drakeの”Nice For What”を始め様々なヒット曲を手がけ、今や押しも押されぬ人気プロデューサーとなっているMurda Beatz。そんな彼が、自身のキャリアはYouTubeに「Type Beat」をアップロードするところから始まったと明かしている。

Smokepurppが「Purpp」に改名する予定だと明かす

先日Lil Pumpと共にリリースした”Nephew”も好調なSmokepurppが、自身の名義を「Purpp」に改名することを計画していると明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。