ウクレレ1本で人気ラッパーたちと共演するアーティストEiner Bankz

ウクレレといえばハワイアンではポピュラーな楽器であり、その軽やかで落ち着く音色を聴くと、思わずハワイの青い海を思い浮かべてしまいそうになる。

そんな爽やかさすらあるウクレレと、現行のハードなラップチューンの相性がいいかといえば、あまり良いとはいえないだろう。どちらかといえば水と油といった印象がある。

しかしウクレレ1本で人気ラッパーたちと共演するアーティストがいる。Einer Bankzというのが彼の名前だ。

アメリカ西海岸で生まれ育ち6歳からバイオリンを習っていた彼は、スズキ・メソードを習得し、耳コピができるようになったとElevatorのインタビューで語っている

中学の時にバイオリンをギターに持ち替えた彼は、ヘビーメタルとパンクバンドでプレイしていたという。彼が初めてウクレレをプレイしたのは最近になってで、家で友人たちと飲んでいた時に、家にあったウクレレで友人が彼に「Snoop Doggをプレイしてほしい」と言われてカバーしたのが最初。Bankzと友人はその模様をレコーディングしアップしたところ、なんとSnoop自身がInstagramにポストしたことから、彼のストーリーは始まっていった。

その後彼は自身のInstagramアカウントでウクレレのカバームービーをアップし始めた。最初はそこまで多くの注目を集めたわけではなかったが、徐々にそのユニークなスタイルが話題となり人気ラッパーたちと共演するようになる。

@einerbankz x @trippieredd #MakeAWish ?? #TunedUp x #1400

Einer Bankz (Eye-Ner)さん(@einerbankz)がシェアした投稿 -

どの曲もBankzの素晴らしい演奏スキルと、ラッパーたちのコンビネーションもバッチリだ。特にエモーショナルな楽曲とウクレレのメロディーがぴったりはまっている。

これらのビデオは全てiPhone Xでだけ撮影されたもので、Bankzはインタビューで各地に親交のあるカメラマンがいると語っている。

特に最近話題となっているのが、Lil GnarとGermを迎えた上の動画だ。"Samurai Shit"という楽曲名にあわせ、2人のラッパーがフルーツをおもちゃの刀で切り刻む中、Bankzは淡々とウクレレを紡ぐ謎の世界観が出現した内容になっている。

ウクレレ一本でヒップホップシーンの人気者たちと次々にリンクするBankzは、巨大なネットワークを作り上げるのが目標だという。現在彼が最もコラボしたいのはThe WeekndとDrakeとのことだが、その夢は叶うのだろうか?

RELATED

ブロンクスにオープンするヒップホップ・ミュージアムの開館日が2023年に決定

以前2022年にNYのブロンクスにヒップホップ・ミュージアムが2022年に建設されると伝えたが、正式なオープン日が2023年になると発表された。

ラップ人気が高まるロシアのプーチン大統領が「ラップを政府の管理下におくべき」と発言

ヒップホップやラップミュージックは、その国の若者の文化に大きく影響をもたらす。中には暴力・ドラッグといった悪い影響ももたらすと懸念されており、国が何らかの規制をもうけるケースが少なくない。

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。