アップリンクで新シリーズ『肌蹴る光線 ― あたらしい映画』がスタート | 第1弾では中国の新鋭ビー・ガン監督の『凱里ブルース』を上映

CULTURE  2018.04.12  FNMNL編集部

東京・渋谷の映画館アップリンクで、上映機会の少ない傑作映画を発掘し、広めることを目的とした上映シリーズ『肌蹴る光線 ― あたらしい映画』がスタートする。

第1回目の上映作品は、中国の1989年生まれの映画監督、ビー・ガン(畢贛)の処女長編『凱里ブルース』。

Kaili Blues_stills (1)

Kaili Blues_stills (2)

出演者がほとんど監督の家族や親戚、友人で構成されている同作で、ビー・ガンは台湾の映画賞『金馬奨』の最優秀新人監督賞を最年少26歳で受賞したほか、フランス『ナント三大陸映画祭』では、ホウ・シャオシェン監督以来の中国人としてのグランプリを獲得、『ロカルノ国際映画祭』では現代映画人部門で最優秀新人監督賞した。

映画は霧に包まれた小さな診療所に勤める医者の陳が、何者かに連れ去られてしまった甥や、同じ診療所で働く老婦人の過去の恋人を探しに旅に出て、途中に立ち寄った村で不思議な体験をするというもの。

Kaili Blues_stills (3)

Kaili Blues_stills (4)

Kaili Blues_stills (5)

ギレルモ・デル・トロやジョナサン・デミも賛辞を送っている中国の俊英による作品は、東京ではアップリンクで5/26(土)に上映、富田克也、相澤虎之助によるトークショーも開催。また京都では誠光社で5/12(土)に上映される。

Info

main

『肌蹴る光線―あたらしい映画―vol.1』

・京都会場

2018年5月12日(土)

会場:京都府 誠光社

時間:19:00~

料金:1,500円(ドリンク別)

http://www.seikosha-books.com/event/3275

・東京会場

2018年5月26日(土)

会場:東京都 渋谷アップリンク

時間:17:30~(20:00頃終了予定)

ゲスト:富田克也さん、相澤虎之助さん

料金:1,800円

http://www.uplink.co.jp/event/2018/50931

■上映会関連リンク

公式サイト:

https://hadakeru-kosen.tumblr.com/

Twitter:

https://twitter.com/hadakeru_kosen

MUSIC

FASHION

CULTURE