Tokyo RecordingsのYaffleがEP『Op.2-4』をリリース | アートワークは小袋成彬が担当

Tokyo Recordingsを小袋成彬と共に設立し、小袋のデビューシングル"Lonely One feat. 宇多田ヒカル"など数多くのアーティストのプロデュースワークも手がけるYaffleが、自身のプロジェクト第2弾となるEP『Op.2-4』を4/6(金)にリリースした。

EPには3曲を収録、冒頭を飾る" Never Look Back"はスウェーデンのシンガーLinda Lundgrenをフィーチャーした、壮大なスケール感のR&Bチューン。

他にもUKのバンドKyteのフロントマンNick Moonをフィーチャーした"Warm Blood"や、アブストラクトでソウルフルな"Breathe"を収録したEP『Op.2-4』。アートワークは小袋成彬が担当している。

Info

Op.2-4_JKT180323

Yaffle – Op.2-4
1. Never Look Back feat. Linnéa Lundgren
2. Warm Blood feat. Nick Moon
3. Breathe feat. June Fermie
Artwork by OBKR (Nariaki Obukuro)
Release date: April 6th,
2018 Available at Spotify and Apple Music

■Spotify
http://open.spotify.com/album/2h8wyrRGAjh3gxF5xpS2m2
■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/op-2-4-single/1364892868?l=ja&ls=1

RELATED

【ライヴレポート】『分離派の夏』の終わり | 小袋成彬がライヴで表現した言葉にならない感覚

小袋成彬はさまざまなインタビューで、デビューアルバム『分離派の夏』は個人的な作品であると話していた。だが同時に「主観と客観のせめぎ合いを音楽の秩序に放り込んだんですね。語っているのは自分なのか、子供の自分なのか曖昧なまま突き進んでいって、曲が出来た瞬間に完全に自分から離れるんですよね。僕のものではなくなるというのは実感していて。僕は作者と作品は全く別物だと思っていて」(FNMNL)とも語っている。小袋はライヴでどんなパフォーマンスするのか、そんな思いで会場に向かった。

D.A.N.と小袋成彬の2マンがLIQUIDROOM14周年記念イベントとして開催

2016年の1st以来となる2ndアルバム『Sonatine』を7月にリリースするD.A.N.と、4月にデビューアルバム『分離派の夏』をリリースした小袋成彬の2マンイベントが8/23(木)に東京・恵比寿LIQUIDROOMで開催される。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018の第一弾アーティストでサニーデイ・サービス、EGO-WRAPPIN’、DYGL、小袋成彬など39組をアナウンス

今年で20回目を迎えるRISING SUN ROCK FESTIVALが8/10(金)~8/11(土)に開催、本日第一弾アーティストとして39組が発表された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。