DJ CHARI & DJ TATSUKIによるアルバムにBAD HOP、KANDYTOWN、唾奇、Weny Dacillo、Jin Dogg、GOODMOODGOKUなどが参加

昨年のサマーチューン"ビッチと会う feat. Weny Dacillo、Pablo Blasta & JP
THE WAVY"や、BAD HOPからTiji Jojo、Vingo、Benjazzyを迎えた"HiiiSpace"、KEIJU as YOUNG JUJUとYZERRが参加した"Right Now"で話題となっているDJ CHARI & DJ TATSUKIが、4/25(水)に初のアルバムをデジタルリリースする。

アルバムには先行3曲にも負けず劣らずの豪華メンツが参加しており、IO(KANDYTOWN)、唾奇、Yo-seaが参加した"Feel"や、Jin DoggとGOODMOODGOKUがフィーチャーされた"Jealous"、ZORNによる"Untitled 20180301"など全13曲を収録。

さらに"ビッチと会う"のHabanero Posseによるリミックスと、GLOSSを新たにフィーチャーしたリミックスもボーナストラックで収録される。

先行でデジタルバージョンが4/25(水)、CDは5/2(水)にリリースとなる。

Info

AWMCD-001
アーティスト: DJ CHARI & DJ TATSUKI
タイトル: THE FIRST
レーベル: AIR WAVES MUSIC
品番: AWMCD-001
税抜販売価格:2500円
発売日: 2018年5月2日(水)

1. HiiiSpace feat. Tiji Jojo, Vingo & Benjazzy
2. ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY
3. 22VISION feat. Yo-Sea & Ry-lax
4. Next feat. SUSHIBOYS
5. NIGHT OUT feat. VIGORMAN & SAKURA
6. Shawty You feat. RENE MARS & Ymagik
7. Untitled 20180301 feat. ZORN
8. Straight Outta Tokyo feat. T2K & Zeus
9. Good Die Young feat. RYKEY & Pablo Blasta
10. Jealous feat. Jin Dogg & GOODMOODGOKU
11. Right Now feat. KEIJU & YZERR
12. Feel feat. IO, 唾奇 & Yo-Sea
13. 真夏のマンホール feat. G.G. Ujihara
- Bonus Track -
14. ビッチと会う(HABANERO POSSE Remix) feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY
15. ビッチと会う(Remix) feat. GLOSS

RELATED

YDIZZYやMaisonDeのメンバーなども参加したDJ CHARIのEP『INNER CHILD』がリリース

ヒットメイカーとして知られるDJ CHARIが新作EP『INNER CHILD』を本日リリースした。

BASIの7インチシングルから"愛のままに feat. 唾奇"のミュージックビデオが公開

BASIが10月にリリースして、すでに各店舗で完売となっている7インチシングルから"愛のままに feat. 唾奇"のミュージックビデオを公開した。

BAD HOPの『BAD HOP ALL DAY vol 2』からYZERRとBarkによる"No New Friends"のミュージックビデオ

BAD HOPが完売となった日本武道館でのワンマンライヴで配布する『BAD HOP ALL DAY vol 2』から、"Whatever"に続きYZERRとBarkによる"No New Friends"のミュージックビデオを公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。