Tyler, the Creatorが新曲"OKRA"の過剰なSNSでのプロモーションをたしなめるファンに応答

3/29、新曲"OKRA"のミュージックビデオを公開したTyler, the Creator。ダークでキャリア初期のTylerを思わせる力強い同曲に驚かされたファンも多いことだろう。

Tylerは"OKRA"のミュージックビデオをリリースした後、「この曲を5日間プロモートして、後は普通の生活に戻る」とツイートしている。昔と比べてSNSに姿を現さなくなったTylerは珍しいことにファンからのコメントに返答した。

ミュージックビデオのリリースから週をまたいで4/6には、久々に自分自身の写真を投稿している。

"OKRA"のミュージックビデオがリリースされ、多くのファンがTylerのツイートにコメントを寄せた。その中の1人Edoardo BelluというユーザーがTylerに「この約2分の曲に悲しいほど宣伝し過ぎ」と投稿。これにTylerは返答した。

tyler-tweet-overpromote (2)

Via Pigeons&Planes

「俺は"OKRA"に誇りを持っているから宣伝に力を入れているんだ。だからこんなに必死にやっているんだ。世界に"OKRA"のことを知らしめて、分からせるまで諦めないよ」(現在、この一連のツイートは削除済み)

Tylerは続けて「リリースされたアルバムを次週には聴かなくなるようなリスナーと一緒さ。おかしな話だよ」と綴り、「"OKRA"が好きな人達のおかげでラジオでプレイされるようになった。彼らが本当に曲を流すかって?気にしないけど、この反応はポジティブだし、そんなムカつく奴らに感謝している」と胸の内を明かした。

しばらく姿を見せず、宣伝を理由にファンの目の前に現れたTyler は、一連のツイートの最後にその心境を語っている。「この曲の宣伝の為にSNSを使い過ぎている。だけど、俺はリアルになるために、SNSから離れて隠れる必要がある」と説明し、その後も"OKRA"の宣伝に勤しんだ。

RELATED

Eminemが最新作『Kamikaze』でTyler, the Creatorをディスする際に差別用語を用いたことを謝罪

先月8月31日にサプライズリリースされたEminemの最新作『Kamikaze』。Lil Yachty、Lil Pump、Drake、Migos、Machine Gun Kellyなど様々な若手ラッパーへのディスを行なった同作は賛否両論となり大きな話題を呼んだ。

Jaden SmithがTyler, The Creatorが見せてくれるまでSupremeを気にしたことなかったと述べる

Supremeは一時期の低迷期の後で、勢いが復活し現在は再び絶頂期を迎えているのは周知の事実だろう。

Tyler, The Creatorがラジオで自分の曲が流れないことに不満をもらす

先日GQの公開したTyler, The Creatorのインタビュー。Tylerは、ラジオでもっと曲を流してもらいたいが、自分の声がメインストリーム向きではなく嫌いであると語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。