Travis ScottがA$AP Rockyをパクっていると主張するFunkmaster FlexをPeter Rosenbergが「フェイクビーフ」を作り出していると非難

昨日、ベテランDJのFunkmaster Flexが、Travis ScottがA$AP Rockyのスタイルをパクっていると主張したというニュースを伝えた。

実際Flexが名前をあげた2人のラッパーにこれまで諍いがあったというかというと、そうではないのが実情で、なぜ突然Flexが2人についての問題を取り上げたのか、戸惑いがある人も多いかと思われる。

NYのラジオ局Hot 97のPeter Rosenbergがこの件はFlexがつくりあげたフェイクビーフだと非難している。

RosenbergはYouTubeにアップされた動画で、Flexが自身のInstagramページを盛り上げるために、今のヒップホップシーンで偉大な2人のアーティストをわざと対立させており、Flexのやっていることはとてもつまらないことだと主張し、Flexは何も問題がなかった両者の間にわざと火種を作っており、とても理解できないと非難している。

動画に参加しているHot 97のEbroは、Rosenbergほどこの問題については怒っていないと述べ、「これは床屋談義で、Flexは彼の周囲にあるシーンで話題になるようにSNSにアップしたんだ。炎上とライクが欲しかったから?そうだろう。人々が今の俺たちみたいにこの話題で盛り上がるのを煽るためにやった?もちろんその意図もある。ただ彼が自家用車でこの両者について考えているかというと、それは絶対にない」とEbroは、Flexがヒップホップシーンや自身のSNSを盛り上げるためにやったことで、こうしたことは今のシーンでは日常茶飯事であり、Hot 97もこうした役割を担ってしまっているとも話している。

それに対してRosenbergは、これはFlexの問題であると繰り返し主張し、「Flexは過去10年間で自身がヒップホップシーンで行ったことを振り返る必要がある」と自重するように求めた。

FNMNLでもやはりラッパー同士のビーフの話題を取り上げるとSNSが盛り上がるし、日々の話題がほしいUSのラッパーたちにとってはリスクも大きいが、一気に有名になるチャンスでもある。しかしその効果を狙って、現在アメリカのシーンではプロモーション目当てのフェイクビーフも増えてきているようで、アトランタのラッパーYoung Scotterは楽曲"Dirty Game"の中で、今のシーンにはフェイクビーフが氾濫していると指摘している。

フェイクニュースの時代で言われる現代にとって、話題になればなんでもありという形でフェイクビーフが登場するのも仕方ないのかもしれないが、どのビーフがフェイクかを見破るのはかなり困難なことになりそうだ。

RELATED

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

Travis Scottがマジックにびっくり

ニューアルバム『Astroworld』が全米チャート1位を獲得し、名実ともにシーンを代表するラッパーになりつつあるTravis Scott。

Travis Scottとの曲作りをKevin Parkerが語る|マリファナの煙が充満し人生最大の音量で音楽が流れる

待望のニューアルバム『ASTROWORLD』をリリースしたTravis Scott。アルバム制作中、曲作りのためにスタジオにたくさんのミュージシャンを呼んでいたそうだが、そのうちの一人がTame ImpalaのKevin Parkerであった。今回のアルバムの収録曲”Skeletons”の共同作曲者でもあるKevin Parker、BillboardのインタビューでTravis Scottとの楽曲制作について語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。